♪POCHI送料無料キャンペーン、届いたぞぉ!
BARF・蛋白質比もろもろ雑考♪

猫友さんのところで教えていただいて発注してたPOCHIさんのお肉が届きましたおてんき
(^m^)これを教えていただいた時、まず頭に浮かんだのはいつもいろいろと教えてていただいてるぽ◎さん(・・・ってみえみえ?(笑))もち、さっそくご注進。

コチラのPOCHIさんは名前の通り犬がメインのお店ですが、6月30日までキャンペーンで全品・無条件で初回送料¥0(ただしクール便代別途210円)で注文できます。
ウチだとお肉やサーモンオイル。
ウチは(ホメオパシー中なので)あまり使わないけどハーブや、サプリ全般(特にDENESが豊富)と、オーガニック率の高いフードFORZA10 BIOや、(簡易)手作り食材のパウダー、フリーズドライ、フローズンも品揃えは多彩です。

FORZA10のウェット(チャンク)はオーガニック率100%のものもあって、ドライフードはYARRAHの方がオーガニック度が高いみたいだけど、非常用常備食としてチェックしたいと思ってます。
チャンクって賞味期限はどうなんだろ・・・?

以下、脱線(爆)。食材に関するところは色文字にします。

 ニョロ ↓ 脱 線 中 ↓ ニョロ
ウチは人間が使わないので(偏見)、基本的にオーガニックでもパウダーやフリーズドライ、フローズンフードはできるだけ使わず(ローズヒップやケルプなんかはしょーがないので使ってます)、作り置きや冷凍もできるだけしないようにしてます。・・・人間はカップ麺食べてみたり、肉は冷凍してるのでただ偏屈なだけなんだけど(^m^)

このお店は去年あたりから日本でもいろいろとセミナー(宣伝?(笑))をされてるBARF(Bones and Raw Food / Biologically Appropriate Raw Food)提唱者として有名なイアン・ビリングハースト博士のフードにも力を入れてるみたいです。
この方や本村先生は穀物不使用・極端に多い骨・内臓を含む動物性蛋白質(この方の本は読んでないのでわからないのですが猫だと90%超えるんじゃないかな?)を提唱されてるように思います。・・・高いけど(爆)本読まなきゃ(笑)あまり厚くないみたいだし・・・(^m^)


ちなみに、これも猫さんによって違うと思いますが、今にして思えばGaviの場合は腎機能が落ちた際、リン値を下げるために動物性蛋白質率も下がりそれまで不使用だった穀物を使っていた期間の尿Phは1近く上がっていました。
その当時は療法食に近いもの(ただし蛋白質は市販フード並の33〜35%前後・内動物性たんぱく質28、9%前後)を栄養計算をしてできるだけ厳密に作ってました。
Gaviの場合は摂取カロリー自体が低いので、今にして思えば蛋白質の必要量(当時で蛋白質は13g/体重kgあたり3.4g)が足りずクレアチニンは一時的に多少改善はしてもそれ以上は下がらず(必要量をまかなうためにクレアチンの分解が増えてた?)、毛艶や筋肉が落ちたり(当然、蛋白質のカスのBUNも正常以下で下がり続けました)、尿Phもあがったのかなと思います。(早く気づけって!・・・幸いにもびーちょんはPh7.5とか7.8でも結石はできず問題は起きませんでした)

ただ、当時手作り療法食で蛋白質量や質も下げていたとはいえ、かなり良質な部類の市販フード以上のものだったんですよね・・・
Gaviの場合は比較的若い時から手作りにしてたので違いが出やすかったのかもしれません。
2歳当時アレルギーで療法ドライフードのみ食べさせていた時も2週間位で毛艶はてきめんに落ち、1ヶ月もたつと目に見えて筋肉や肉の質がかわりました。張りがなくなるというか・・・
特に療法食は合成保存料も使ってるし。
・・・と次から次へといくらでも愚痴が出るのがスゴイかも(笑)


2歳のアレルギー発覚以前は須崎氏のレシピを参考にしてたので生と加熱は半々位でしたが(人間が生で食べられるものしか生で与えてなかったので)、食材比で蛋白質は66から70%くらい(実質蛋白質は38〜50%位だったと思います)。その時も年一度のドッグでは尿Phは6.5以下だったのでやはり、Gaviの場合は穀物を使ったことや動物蛋白質比が低くなったことが影響があったのかなと思ってます。
今の蛋白質平均50%くらい(蛋白質食材比70〜80%)の食事に変えて3,4ヶ月くらいたってからPhは6.2から6.5で落ち着いています。
ただ、猫にとって消化が困難と言われる穀物をたまにしか使っていないことや薬剤を使用してないことも関係あるのかもしれません・・・(天然(ビタミンC)と合成(ビタミンC)についてもやはり経験の結果感じたことがあるのでこれはまたそのうち調べられたら(^m^)まとめたいと思います・・・)


・・・そういえば2005年版のピトケアン氏の改訂版(?)でも猫のレシピの蛋白質は平均47%と以前(1995年版)よりかなり(10%近く)上がっていたように思います。穀物の使用量も25〜50%近く減っていたよう思うし。


・・・と脱線しちゃったのは、POCHIさんや昨年以降、特に最近あちこちのHPでビリングハースト氏の考えを見かけるので・・・かなありの宣伝上手!とみた!
(ただ同じくBARFを提唱してる方でも穀物使用の考えの方もいるみたい・・・?(⌒~⌒?)どっちかにまとめてくれると楽なのに(笑))

・・・と、何を信じていいんだかわかんない素人がまたたわごとを言い愚痴ってみたりする・・・
 ニョロ ↑ 脱 線 終 了 ↑ ニョロ

で、届いた肉っ!


こちらもキャンペーン中の生肉スターターセットに、あまり他では売ってない馬軟骨300g900円を追加したものです。
びーちょん肩関節に骨折の後遺症の形成不良があるので軟骨をとりたいのですが、鶏位しかみつけられなくて・・・(牛はコワイし。)
びーちょんは骨は魚の小骨はペッ汗するけど鶏手羽元などは狂喜して食べます・・・
たぶん軟骨がびーちょんにとって必要なんでしょう。(時々私の手の軟骨もかじってるのもヤバイのかも(^m^))
ただ、コレを食べるかどうかは不明ニョロ

生肉スターターセットは downで1,500円です。(通常2,125円)
 ◇馬肉赤身角切り 100gx1
 ◇馬肉赤身挽き肉 100gx1
 ◇馬ハツ 100gx1
 ◇馬レバー 100gx1
 ◇馬白モツ 100gx1
 ◇馬スジ  100gx1
 ◇鹿肉赤身角切り 100gx1
 ◇鹿肉赤身挽き肉 100gx1
ウチは普段はひき肉は使わないのですがなんつっても安いし、グランデュラーが少量づつ手に入るのもうれしいです。レバーなんか1日2,3gしか使わないし。
ただ、馬肉は自然飼育ですがアメリカ産、鹿はエゾシカでしたが、人間用とは書かれていないのでペット用だと思います。見た感じはなかなかいい感じでした。
ウチはびーちょん1匹で摂取カロリーも低めなので正肉は内臓とあわせて1クール2日分ですが、大きい猫さんだと日に100gは食べちゃうとするとひき肉とあわせて馬・鹿おのおの2日分くらいなのかな・・・?
今のところ取り扱い肉が馬と鹿だけなので送料無料はありがたいけど、これで毎回クール便で1000円くらいだと考えちゃうかな・・・

他にはサーモンオイの小瓶(結局高くつくんだけど酸化しちゃうこと考えると使いきりサイズで)があったのがうれしかったです。


肉の話から、蛋白質やら穀物やらphやらBARFやら気になってることがどんどんでてきて、頭の中がぐちゃぐちゃ・・・困ったもんだ・・・
あんまりぐちゃぐちゃになっちゃったんで食材に関するところだけを変えます(爆)


猫の手作りごはんお助けグッズ・食材
Comments#4 / Trackbacks#0
♪スポンサーサイト♪
♪ - ♪
Comments#0 / Trackbacks#0
♪ Comments ♪
こんばんは☆
へえ〜、いろんな部位を売っているんですね。
うちはたくさんいるので、あまり冒険はせず安いのをあげてるんですよ。
本当はダチョウとかうずらとかあげてみたいけど。
穀物の是非は難しいですね。腎不全だとリン値は下げたいけど、
穀類入れるとアミノ酸のバランスが・・・、って感じでジレンマです。
本当犬猫の栄養ってまだまだ分からないことだらけですね。
うちも一時期処方食ドライのみをあげていた子がいたんですけど、
もう1ヶ月くらいで毛艶は悪いの元気はないの、最悪でしたね。
私も今度ブログに愚痴書こうかな。



♪ フローラ ♪
♪ 2007/05/31 8:23 PM ♪
 ★フローラさん、ありがと。
馬だけだけど、すごいでしょ?(笑)
モツは他のお店にもあるけど加熱してるし・・・今日軟骨あげたらすごかったぁ(^m^) 
でも、なんかいろんな肉やら内臓やら探してる自分が吸血鬼みたいでおぞましい時があります・・・

穀物どうなんでしょねぇ?
ウチはコンスタントにあげてた時はあんまし芳しくなかったです・・・

療法食だけにしろって言われてドライだけにしたときはその症状はなくなったんだけど他にきちゃった・・・あのときは何してんだろ?自分・・・って思いまし・・・。
うんうん、たまに愚痴るといいかもよん(笑)・・・ウチはいつもか(爆)
♪ Gavi主 ♪
♪ 2007/06/01 12:14 AM ♪
お! Gavi主さんもPOCHIデビュですか(笑)
うちも2月頃だったか、一時ここで買ってたんですけど、まとめ買いするとバラ解凍だからやっぱりパサパサするというか・・・(^^;
で、結局今はまた100clubに逆戻ってます。

Dr.ビリングハースト、講演では穀類は少量ならOKと言ってましたけど、自分が公に認めちゃうとガバガバ入れる人がいるので、反対のスタンスを取ってるんだとのことでした。
うちは何かあったの時のための慣れのために時々は入れるようにしてるんですけど、入れても入れなくてもあまりphは変わらないのに、続くと太ります(爆)
♪ こだま ♪
♪ 2007/06/01 5:01 PM ♪
 ★こだまさん、ありがと。
POCHIさんデューです(笑)
送料無料にめちゃ弱いでし・・・
やっぱパサつきます?
こちら賞味期限もけっこう長いですよね。
そっかぁ。100clubさんもいろんな部位ありますね。
あそこ馬のお店って印象があってまだ買ったことないんです。
今度行ってみます。
軟骨、けっこうおっきかったんですがあげたらすっごい勢いで食べてました(^m^)
食べにくいから時間もかかるし、いろんな部位が手に入るのうれしいですよね♪


ビリングハースト博士は穀類は少量OKなんだぁ。
本村先生も絶対ダメって立場ではないですよね。
やはりそういうのって、他の方もそうだけど、本を書かれた時点と違ってたり、微妙なニュアンスってセミナーなんかじゃないとわからなかったりしますよね・・・(´-ω-`)ウ〜ン 
ウチの場合穀物っていうよりも動物性蛋白質の比率が下がったことがPhをあげたんだと思います・・・4g/kgきっちゃってたし(汗)反省です・・・
前、穀物をリン対策で使ってたときは粉のはヤみたいで、匂いかいでンベーってすっごい顔してました(^m^)
今はコンスタントには穀物使ってないんですが、とうもろこしの季節とか、パン(あげていいんかい!)はガフガフものすごくうるさいんで(笑)たまぁにあげてます。猫なんかい!(笑)
♪ Gavi主 ♪
♪ 2007/06/01 8:54 PM ♪
♪CommentForm♪










♪TrackbackURL♪
http://gavi-health.jugem.jp/trackback/97
 公序良俗に反するトラバは絶対禁止です!
♪Trackbacks♪
InternetExplorer Only