♪スポンサーサイト♪

一定期間更新がないため広告を表示しています

♪ - ♪
Comments#0 / Trackbacks#0
♪今日の手作り猫ごはん 4 - 10 mars♪
最近、ごはんの食べ方が加速度的に速くなってるビーちょんニョロ
それに伴い、食事と食事の間が7,8時間と十分消化できていない時があった先週はなんとリバース・・・くもり(通常は最低でも10時間あけてます。)
ごはん台は使ってるのですが、やや低め。
猫友さんのところで見て、木の台を使ってみました。

きのこオレンジ今週のお野菜(野菜の分量は蛋白質源の量により異なります)
  にんじん、ブロッコリー、味美菜
   ・・・から1種類 8g位
  キャベツ、ブロッコリースプラウト、サラダセロリ
    ・・・から1種類 8g位
  さつまいも、じゃがいも、ないしは緑黄色野菜、淡色野菜
    ・・・から1種類 8g位
  にんにく、日によってはしょうが(これ自体はあげない)
  パセリ
    ・・・最近はパセリ茶のみ 週4、5回
  果物: バナナ 8g位   
蛋白質は1日17.5g前後にしています。(4.5g/kg)
(ただし特別トッピングは含まないので実際はもう少しあがるはず)

おさかなごはん 4 mars
  鮪・鰯・鯵・鱈白子(加熱)75g

(1日分・概算)
 160Kcal ・ 蛋白質 50.34%(17.7g)・
 脂質 19.26% ・ 炭水化物 14.24%
 Na0.53% ・ K1.19% ・ Ca0.64% ・ Mg0.109% ・ P0.62%
 n6:n3=0.62 n3総量1.1g ・ アラキドン酸 37.1mg

 

鹿ごはん 5 - 6 mars
 鹿 55g
 鹿レバー・ハツ 
  ・・・から12g
 ゴートミルク2g
 さつまいも使用
(1日分・概算)
 143Kcal ・ 
 蛋白質 50.7%(17.6g)・
 脂質 11.4% ・ 
 炭水化物 22.17%
 Na0.46% ・ K1.2% ・ Ca0.57% ・ Mg0.098% ・  P0.53%
 n6:n3=− n3総量−g ・ アラキドン酸 −mg


豆腐ごはん 7 mars
 鶏手羽・ささみ 50g
 鶏ハツ・レバー・軟骨 17g
 豆腐      30g  
 魚油 

(1日分・概算)
 181Kcal ・ 蛋白質 42.23%(15.4g)・
 脂質 27.21% ・ 炭水化物 16.76%
 Na0.48% ・ K1.03% ・ Ca0.51% ・ Mg0.109% 
 P0.42%
 n6:n3=2.69 n3総量0.6g ・ アラキドン酸 52.92mg

鶏ごはん
 8 - 10 mars

 鶏手羽・もも・ささみ・
 せせり 63g
 レバー・ハツ・砂肝・
 軟骨
  ・・・から17g/日

(1日分・概算)
 166.58Kcal ・ 蛋白質 49.31%(17.62g)・
 脂質 21.53% ・ 炭水化物 14.85%
 Na0.51% ・ K1.11% ・ Ca0.52% ・ Mg0.087%
 P0.48%
 n6:n3=2.41 n3総量0.4g ・ アラキドン酸 45.71mg


10日朝は鶏手羽元のみのプチ断食。
10日夜は鶏きんかんと鶏半々。




猫 Gaviごはん基本ローテーション 猫

 月・火: 高蛋白獣系四足; 馬・鹿 の週替わり
            か
      高脂肪家畜系四足; 牛・羊・豚 の週替わり
 水:    お肉 + 豆腐(もしくは豆乳、湯葉、一部おから)1食
      生肉断食&月1断食(もしくは鶏)
 木・金・土朝: 鶏肉
 土夜:  卵
 日:   魚

トッピング: (計算に入れるもの)納豆・鰯節、鰯・鯵
特別トッピング: ごはんを残した時用です(涙)
         (計算外)とり農園さんのささみふりかけ(煮干入り)、
          砂肝ジャーキー(リンが低めの時のみ)、
          ささみバー(ほとんどボーナス(^m^))

夕食後週4〜5回程度: 
    バナナヨーグルト(バナナ8g程度+ヨーグルト15〜20g)

サプリ: 
 (朝晩共通)  メガCプラス・消化酵素(Feline Fomula)
 (朝のみ)  Ca・ビタミンB群(粉末カプセルに変更)・ハタケシメジ
 (夜のみ)  ビタミンE・エスターC・タウリン・CoQ10(日によって)
 (朝晩食前) コロストラム(2回/day)1食はゴートミルクと 

サプリ的に使ってる食材(パウダー)
  アルファルファ、ローズヒップ、ケルプ、海洋コラーゲン(ゼライス、
  シャークパウダー)、粉寒天かサイリウム(日替わり)
  すりごま、ターメリック(時々)、ビール酵母・イースト(時々)


※NOTE※
ウチのごはんの特徴は肩障害があり太らせることができないので、カロリーが低く、また、それゆえに蛋白質、ミネラルなどの比重がやばいくらい(^m^)高いことです。
日々の食事の基準は腎機能もやや悪いためカロリーではなく、蛋白質量で見ています。
・・・とはいえ、腎臓食という観点から見れば掟破りなのですが、Gaviの場合はこれで腎機能がアップしました。
また、以前は肉は加熱と生を半々にしていましたが、Gaviの場合はここ1年ほどほぼ生食にして状況が改善しています。

レシピは腎機能がやや悪くアレルギー、他疾患のあるGAVI用で、また、治療のためメガCプラス(なんつったってダイナマイツ爆弾)を使用しているのでミネラルのバランスが普通の猫さんよりかなり高くなっています。
備忘・記録として立ち上げており、万ニャン向けのものではないことにご留意願います。


今日の手作り猫ごはん
Comments#0 / Trackbacks#0
♪スポンサーサイト♪
♪ - ♪
Comments#0 / Trackbacks#0
♪ Comments ♪
♪CommentForm♪










♪TrackbackURL♪
トラックバック機能は終了しました。
 公序良俗に反するトラバは絶対禁止です!
♪Trackbacks♪
InternetExplorer Only