♪Gaviのサプリ  如々鎧晴愁汽廛蝓(儿喉


Gaviが飲んでるサプリで抗酸化作用があるものについて、以前より多少変わっているので変更版です。
今は獣医さんからは薬は処方されていません。

下記の抗酸化作用のあるサプリは、不足している栄養の充足という意味よりは、抗酸化機能、免疫機能を助ける効果を期待して与えています。
ウチの場合はサプリをけっこう使っているのですが実は食材でまかなえるのなら食材でとりたい方で人間もほとんどサプリは使っていません(^^;)
猫の場合も問題がないコだったら食材でも何とかなるのかなって思ったりしますが、問題があるコの場合はやはりそれなりに病気や障害による消費量も多いからサプリで補ってあげた方がいいのかとも思ってます。(先日の栄養バランスチェックの結果からもそう思いました。)

Gaviに与えてる抗酸化機能のあるサプリ
ビタミンC
   猫は人間と違いビタミンCは体内で合成できるそうです。
   ただ、現代の猫はストレスなどにより体内で合成するビタミンC
   だけでは不足するケースもあると。
  猫効果・長所
   ビタミンCは活性酸素の除去のほか免疫機能も。
   抗ウィルス作用、解毒作用、インターフェロン生成の促進
   (↑アレルギーや関節炎・肝炎など各種炎症に効果があると
    言われてます)
   ナチュラルキラー細胞の活性化
   発癌物質などの解毒、鉛・水銀などの除去 
  猫過剰症・短所
   水溶性で過剰分は排泄されるため、過剰症はないといわれてます
   が、下痢・軟便はあり
   血液検査の際、検査結果に若干影響があるそう(赤血球)
  猫Gaviの場合
    Gaviは今メガCプラスをメインに使っています。
    Gaviの場合は3ケ月で保護した際にかみ傷がありウィルス性
    の疾患を持っています。メガCプラスはビタミンC(アスコルビ
    ン酸ナトリウム)をメインにし、主にウイルス性疾患で消費する
    ミネラルをDr. Belfieldの理論で配合しているとのことです。
    今は毎日小さじ1/2に少しかける程度を与えています。

2006年12月からは、歯肉炎なのか歯茎が赤くなっている部分があり、その対応策としエスターCを別に小さじ1/10程度与えています。

メガCプラスとあわせて1,200から1,300mg位になりますが、最近ではこれより増やすと軟便になります。(以前アスコルビン酸ナトリウム、カルシウムを混ぜていたときは2,000mgでも便に変化はなかったです。)


    他に自然の食材の吸収率の優位性を期待して、ローズヒップ
    パウダーを毎食小さじ1/4づつ与えています。以前もっと
    多い量でも軟便にならなかったのって、その時はローズヒッ
    プはあげてなかったので、これも関係あるのかな・・・


ビタミンE
  猫効果・長所
   抗酸化作用
    ・脂質の酸化防止 過酸化脂質(老化の原因)抑制
    ・ビタミンAやCの酸化を防止
   抗ウイルス作用
   血行促進
   新陳代謝
   毒物(鉛・水銀など)、薬物、放射線などへの防御作用
   アレルギー、関節炎などにも効果
  猫過剰症・短所
   脂溶性だが他のものに比べ過剰摂取の危険性は少ないといわれ
   てます。
   人間の場合、高血圧だと一時的に血圧が上がる可能性あり、
   糖尿病患者、甲状腺機能亢進症の場合も要注意と言われている
   そうです。
   人間の場合、1日800IUの投与で疲労筋力低下の報告、4000IU
   で発疹・胃腸障害を起こすことがあるといわれてます。
  猫Gaviの場合
以前は吸収率が悪いとは思いつつ人工のdl-αトコフェロールアセテートがベジカプセルに入ったパウダー状で分けやすいので使っていましたが、最近はこちらを使っています。
こちらは天然ビタミンE(d-アルファトコフェロール)で液体状で瓶からスポイトでとって使います。・・・ただ、多目の1滴少なめの1滴があったりして(^m^)
今は若干少なめですが、通常は日に多目の(^m^)1滴を夜、魚のごはんの際は多目の1滴を毎食入れています。


CoQ10
  猫効果・長所
   強力な抗酸化作用
    ビタミンEと協同してリポ蛋白質の酸化を抑制
   体脂肪の燃焼の促進
   心臓機能維持(元々は心臓の治療用として使用)
   ビタミンEの減少防止   
   免疫力向上
  猫過剰症・短所
   脂溶性だが他のものに比べ過剰摂取の危険性は少ないといわれ
   ています。
   多量に摂取した場合、悪心、下痢、上腹部痛など軽度の胃腸症
   状が報告されているそうです。
  猫Gaviの場合
粉末状のものをカプセル(30mg/カプセル)から出し8〜10mg程度、夕食時に他の抗酸化サプリと。
主に食事にハツを使っていない時やキャンプの際お散歩で発生する活性酸素を少しでもケアできればと使ってます。なんせお転婆なんで・・・
使用しているのは人間用のこちらのベジカプセル入りパウダーです。

他に最近、獣医さんのブログでこのような記事も見ました。
人間用のCoQ10複合サプリに含まれることが多い「α−リポ酸が猫では肝細胞毒性が強く、人・犬・ラットに比べて10倍の毒性がある」としたものです。
私が使用しているのは単体なので問題はないのですが、こういう話を聞くとゾッっとします・・・



上記のエスターCパウダー、ビタミンEとCoQ10を選んだのは、通常の人間の規定量では多いため、分けて与えられるようにカプセルから取り出せる粉末や液体であることと、1カプセルの分量が少ないためと、錠剤には固めるための添加物が入っており成分が把握しにくいためです。
カプセルからも出して使ってますが、ゼラチンカプセルとベジカプセルがあれば、ベジカプセルを選んでます。

また、抗酸化物質は抗癌治療(化学療法・放射線治療)を行っている場合はその作用を弱めるため、使用しないとの考えもあるようです。

なお、サプリを与え始めた際はこの分量よりもだいぶ少ない量(1/4から1/2程度)で様子を見ながら増やしていきました。

GAVI主

※CAUTION※
こちらはGaviのためによかれとやっていることで、万にゃんに効果があるものではありません。もし、サプリや薬品を使用される際は獣医さんにご相談ください。



Gaviのサプリ・処方薬
Comments#2 / Trackbacks#1
♪スポンサーサイト♪
♪ - ♪
Comments#0 / Trackbacks#0
♪ Comments ♪
こんばんは☆
あげているサプリも使っている商品自体もほとんど一緒だわ^^
GaviちゃんそんなにビタミンCあげても大丈夫なんだ。
うちはもうすぐ軟便になっちゃうんですよね。
本当猫は肝臓弱いから、サプリはあげる前にチェックしないと
いけませんよね。でも、明らかになっているとも限らないから
やっぱり少量ずつ、ですよね。
♪ フローラ ♪
♪ 2007/03/20 8:20 PM ♪
 ★フローラさん、ありがとう。
おひさしぶりです。忙しいの多少ひと段落つかれました?
うふっ、やっぱし人間用ので分けやすいのが使いやすいからおんなじようなのになっちゃいますね(^m^)
Gavi、ビタミンC、メガCのアスコルビン酸ナトリウムとカルシウム系のだけだと2000mgでも全然便に変化ないんです。かえってカルシウムやナトリウムが多くなりすぎて躊躇しちゃう感じ。
教えていただいた栄養検査(ミネラルはまだ結果でないの)でも思ったのですが、やはり障害や問題があるコは必要量が健康なコの何倍もなのかな・・・って。

あと、前、本村先生やO先生、フローラさんもおっしゃってたけど食品からの方が効果っていうか吸収されて体内で利用される量が少なくていいのかなって思いました。サプリで量が多くとれちゃうからって食材から取る分減らしちゃうのってかえってよくないのかなって。

肝臓はねぇ・・・目にみえないですもんね・・・
やはり半年に1回位血液検査でマメにチェックしていろいろ変更したり考えるのがいいんでしょうね・・・
♪ Gavi主 ♪
♪ 2007/03/21 6:11 PM ♪
♪CommentForm♪










♪TrackbackURL♪
http://gavi-health.jugem.jp/trackback/88
 公序良俗に反するトラバは絶対禁止です!
♪Trackbacks♪
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
♪ - ♪
♪ 2007/08/09 3:29 PM ♪
InternetExplorer Only