♪スポンサーサイト♪

一定期間更新がないため広告を表示しています

♪ - ♪
Comments#0 / Trackbacks#0
♪手作りごはんへ 1.導入♪
そんなこんなでGAVIと暮らし始めだわけですが、手作りごはんや健康のことを考え始めたのは、呆れることに何の気負いや目標や信念があったわけでもなく、ただなんとなくでした・・・
当初ドライフードが食べられるようになると、お医者さんからいただいた(悪い医者じゃないんです。猫が苦手なだけで。)サイ○ンス・ダイエットのグロースとユーカ×バのグロースをドライフードは朝、薬を混ぜるために子猫用のこれはホームセンターなんかで買ったやはりサイ○ンス・ダイエットのグロース缶を夜に与えていました。そのうちモン×チなどのパッケージがかわいい子猫用も。(これはたまたま子猫用があったので。フードが魚の形、お肉の形、ミルクの形になっていて色も肉は赤、野菜は緑、ミルクは白とかわいかったです。後で調べて猫に悪いものだと知り愕然としました。売っているもので悪い物があるはずはないと信じていたのです。)

しかしながら、たまたまネットで見たHPでナチュラルフードを知り、その頃も肩がまだぐらぐらし、カリシも季節の変わり目に出るヤツによりよいものをといろいろと調べ始めました。
調べれば調べるほどお医者が薦めるもの、普通に売っているものへの疑問のサイトにぶちあたり・・・
ナチュラルフードを調べ始めます。
今はネットで何でも手に入る時代。
ペットショップもあわせ、よさそうなもので容量が多くないものはかたっぱしから最小単位で1袋づつ購入し与えてみます。
アボキャット、アズミラ、イノーバ(ウェット)、カリフォルニアナチュラル(ウェット)、ANF、ソリッドゴールド、アニモンダ(ウェット)、ボッシュ(ザナベレ)、ディーンズ(ウェット)、ピナクル、ヤラー、こころのチキンスープ、ニュートロ、ロイヤルカナン、ワンフー、イナバ(ウェット)、etc.・・・
変な話フードを変えて素人目で見ても一番変わるのは、くいつきはともかくうんち。
GAVIは当初来た際の不調とはうってかわり下痢も便秘もしない胃腸の丈夫なコのようなのに、生産物の色・形状がつどつど変わります。
フードの特性はココに!というくらい!

手作りごはんをされている方や、ナチュラルフードを与えている方でも医者の奨めるフード→フードジプシー という方も少なくはないと思います。

そして何ヶ月か後、中でも気に入ったもの3種類、−当初はソリッドゴールド、アズミラ、ヤラー、後に、ザナベレ、アズミラ、ヤラーを2種づつ混ぜたものをローテしていました。
一種類に固定しなかったのは、それぞれのフードの主張(たとえばザナベレなどドイツのフードはビタミンDが高い、ヤラーはオーガニックにこだわってはいるが蛋白質が少ない、アズミラはマグネシウムが多い、硫酸銅など?なものが入っているetc.)による、または他のリスクを分散するためです。
ただ、これも私が思ったことなので、正しかったのかどうかはわかりません。

そのくせ夜は肩関節の薬や将来の健康のためのサプリを混ぜるために、ドライフードも少しは与えてはいても、ウェットフードを与えていました。
子猫用ならともかく9ケ月以降の大人猫用のウェットフードは大半が一般食だったように思います。

ウェットフードが総合栄養食ではなく一般食であることは気になっていました。
右肩が悪く、将来病気になる可能性の高いと診断されたGAVIに小さいうちに良質の食物を与え筋肉や体力をつけておきたかったから。
人間のごはんを作っているときになんとなく、以前飼っていた猫がブロッコリーが大好きだったことを思い出しました。
人間のごはんのついでに味をつけない食材で猫が好きそうな、かぼちゃやスナップエンドウ、とうもろこし、鶏肉、ゆがいた魚をトッピングしたり、バンバンジーなど作る際の鶏のゆで汁を混ぜてみましたが、ウェットフードだけよりも喜んで食べます。
(ウチは今もGAVIが食べそうな野菜を人間も食べる場合でゆでる際は塩茹でせずGAVIにあわせています。(^^;))
そのうちあまり喜ぶので、毎回必ずトッピングする。
人間のごはんで使えるものはあるときにとりわけて冷凍保存、冷蔵する。
鶏も地鶏や生食できる鶏刺用を安い時まとめ買いする・・・ようになりました。

そうこうして何ヶ月がたち、須崎医師の「ネコに手作りごはん」の本の存在やネットで「手作りごはん」を紹介し教えて下さっている方の存在を知りました。
正直に言うと「手作りごはん」という概念は私の中にほとんどなかったし、今でも手作りごはんだけにするほど自分に自信はありません。ちゃんとできないかもしれない恐れと、緊急時に常備食として必要なこと、薬をどうしても与えなければいけない際のトッピングに、それとこれはどうなのかわからないのですが、手作りごはん後に少しドライフードを与えるとはみがき効果にもなるのかな?と(^^;)歯磨きは毎夜ごくごく短時間していはいるのですが、ごくごく短時間で・・・
とりあえず本や手作りごはんをしてる方のレシピの中で手に入れにくい食材はやめ、普段の人間の食事と重複したものを選んで作ってみましたが、時間もさほどかからず、GAVIも今までのトッピング付ウェット缶と何の違いもなく食べます。

そんなこんなで何の気負いや目標もなくただなんとなく手作りごはんを始めることになりました。

 1.2003年6月から8月頃 医者が薦めるフード
            ↓
 2.2003年9月から12月頃 ナチュラルフードジプシー
   (期間はもっと長かったとも思います) 
            ↓
 3.2004年1月から6月頃  特定ナチュラルフードローテーション
                   ウェットフードにトッピング
            ↓
 4.2004年6月頃から   須崎医師の薦める手作りごはん(夕)
               ドライフード半量(朝)

GAVI主
     
はじめに
Comments#0 / Trackbacks#0
♪スポンサーサイト♪
♪ - ♪
Comments#0 / Trackbacks#0
♪ Comments ♪
♪CommentForm♪










♪TrackbackURL♪
http://gavi-health.jugem.jp/trackback/7
 公序良俗に反するトラバは絶対禁止です!
♪Trackbacks♪
InternetExplorer Only