♪アニマル・コミュニケーション ローレン・マッコールさんから見たGavi♪


ローレン・マッコールさんにお願いしたアニマルコミュニケーションの内容を長々と書いてきましたが、ローレン・マッコールさんの感想というか、彼女から見たGaviについて。

ハードキャリーに入れたGaviをローレン・マッコールさんがいらっしゃるお部屋に連れて行った時、キャリーをのぞいての第一声が「very cool!」でした。(笑)京都議定書
Gaviからの第一声は「シャアァァァァ!」で、それが延々つづいてました・・・
時間の半分くらいはGaviはキャリーから出て肩にそのままよじ登り、シャアシャア言っていました。
途中でキャリーのフタを開けたら入り、後半はキャリーでシャア!

Gaviとコンタクトした内容を教えていただいた後、印象を語ってくださいました。

非社交的ではない(いろいろなことを語ってくれるし、語るのはイヤではない様子だったそうです)が、とてもクールで落ち着いた感じの子。

みんな大好きでベタベタしたいタイプではなく、距離感をおきたい感じ。
何回も何回も生まれ変わっている魂だから、自分でだいたいのことはできると感じているのだと思います。
そのような独立している面と、独立していない面(私たちに対して依存している面もたくさん見られるとのことでした)がおもしろく混ざっている子だと思います。
サポートしてもらえることにはとても頼っており、感謝しているけれど、大きな視野での自分の目標や達成したいことは周囲の人は手伝えないという印象がありました。
体の問題をあえて選択してきたという面ではとても進化した魂の子だと思います。

↑について、また全体の内容について私が感じたことはまた後日書こうと思います。

また、ローレン・マッコールさんから最後にGaviのような問題を抱えた子に効果があると思われるテリントン・タッチを教えていただきました。
ローレン・マッコールさんは世界に12名しかいないP3というレベルのプラクティショナーです。
テリントンタッチは、去年やはりテリントンタッチとマッサージに興味がありとった日本ホリスティック獣医師協会認定講座でDVDと教本で見て、Gaviのマッサージになんちゃってで取り入れていましたが、(ホリスティックケアカウンセラー認定はうけましたが、カリキュラム自体は総花的であまり・・・でした)、可能であればWSなどで受けてみたいと思っています。(テリントン・タッチ自体を真剣に学ぼうとするとおそろしく費用がかかるので・・・)

具体的にはマウスワークと、イヤータッチがいいそうです。どちらもストレスを癒し、免疫を高める効果があるとのことでした。
公式のサイトではなくダックスちゃんのサイトですが、コチラの下の方にテリントンタッチについて書かれていました。
私の手や彼女自身が実践して下さったのですが、私のなんちゃってテリントンはかなり力強かったみたいです・・・^^;





       ※NOTE※
こちらの内容は理論的裏づけはとっておりません。
主観も十分入っているものと思います。
また、通常の獣医療を否定するものではありません。
参考にされる場合はご自身でお調べのうえ、ご判断ください。




いつもありがとうございます。
ポチッと応援していただけるとうれしいです♪

(バナー: 3匹目の猫さん提供♪/ありがとうございます)
 
 
アニマルコミュニケーション
Comments#3 / Trackbacks#0
♪スポンサーサイト♪
♪ - ♪
Comments#0 / Trackbacks#0
♪ Comments ♪
クラウディッド・レパードというのも
気になりました。でも難しそうですね。
専門のひとがそんなにいないのもうなづけます。
マウスワーク、うちの「めんましぼり」は
違うかな?(笑)円を描くのですね。
耳のほうはなにかで読んで時々やってましたが
私も強かったようです。まぶたを触って痛くないくらいの
力とは!
Gaviちゃんが、ある程度クールでしっかりしていて、
距離を保ちたい、というのはあったことはないけど、
なんかとてもよくわかる気がします。
うちのは、甘えたいけど甘えべたでうまく自分で距離が
つかめず、そういうときもいらいらしていきなり足に
噛み付いたりするので厄介です。(笑)
写真から伝わるGaviちゃんの姿は、
いつも凛とたっているイメージ。
4本の足を大地につけて、顔をちょっと上げて前を見てる。
そんなイメージが常に私にあります。
優しい顔で眠っているときとかの写真も多いのに、不思議ですね。
それぞれなんと、性格のちがうことか!
ローレンさんとのお話はとても役に立ったようで、
よかったですね、いい体験をなさって。
めんまねえちゃん
♪ 2010/02/15 8:45 PM ♪
 ☆めんまおねえちゃん、いつもありがとうございます♪
クラウディッド・レパード基本ですが奥が深そうですね。^^;
私もいつも一番簡単な・・・なんだっけ?(笑)一番最初のまっすぐなものとラクーンタッチしかしていなかったので^^;
マウスワークは平面の円ではなくて縦というか、円柱の側面を描く感じでその側面を歯茎や上唇にあてる感じです。
これはとても強く働くので10秒以内がいいんですって。
(2月16日後記: やってるつもりなの、手のひら全体を使うノアのマーチ、アバロニのTタッチ、それでもって↑のクラウデッドレパードのタッチでした^^; クラウデッドレパードのタッチ、他のもの−ラクーンと勘違いしてました・・・ クラウデッドレパードのタッチも手の甲にしていただいて、皮膚に触れるか触れないかのかなり弱い感じでびっくりしました)

びーちょん、他の人に対してはとてもクールで強いのですが、私と夫に対しては(特に私)たぶん信じられないくらい依存しているところがあると思います。
常にそばにいますし・・・過剰グルーミングが一番ひどい頃は実はお風呂もカラスの行水にしてました。(今も夫が帰ってきてからじゃないと入れません・・・)夫がいる時に私が外出すると(長時間の外出は夫がいる時にしています)私の姿が見えなくなるとニャアァァオウとしつこく鳴いて、ネズミくんをつかまえに行くんですって。ネズミくんつかまえて持っていけばほめるために出てくると思ってるみたいで・・・(涙)
その反面、前の獣医さんにはGaviちゃん触れないですよね・・・って(笑)

私もGaviの本質はとても強い子だと思います。
強いから強くしなければいけない分特定のものに依存する面もあるのかなって。

めんまおねえちゃん、パワーストーン扱われてますよね?
コメントで教えていただいた本でパワーストーンを使った動物のヒーリングがあって(ご存知かもしれませんが)、めんまちゃんどうかなぁ・・・って思いました。
まだよく読んでないので読んだらよさげなとこコピーしてお送りしますね。ちょっと待っててねー!
♪ Gavi主 ♪
♪ 2010/02/16 5:50 PM ♪
ご無沙汰です

GAVIちゃんのシッポみごとですね!

最近、ローレン・マッコールさんの「永遠の贈り物」を読みました。
前から気になっていたのですが、シリアスな内容だったので
なんとなく躊躇していて、でもこちらでお話伺ったり
2月は考えさせられることが多くて、泣くの覚悟で読みました。
今、このタイミングで読めてよかったと思います。
ありがとうございました。

ティータッチは、「愛犬の悩みが解消する魔法のなで方―T タッチ」の松江香史子さんの講習を受けたことがあります。
今は、Tタッチでなく松江さんオリジナルマッサージを教えてられるようですが・・・

講習受けた時は犬の話がメインだったこともあったり、猫でケーススタディーなんかもやったのですがイマイチ効果が分からなくて、結局あまり使えてません。

テリントンさんが出ているTタッチのDVDも人からお借りして観た事あるのですが、本(「猫にTタッチ」)があればいいかなぁという感じでした。

犬の人は、ボディーラップの仕方とか分かりやすいかもしれないですけど。あと、動きはやはり本よりDVDの方が分かりやすかったですが、一度観たらいいかなと思いました。

チャクは、ほっぺというか歯茎のマッサージと、タランチュラだったかな?オシリの方からワサワサワサってつまむマッサージが好きみたいです。

最近はTタッチというより、フェイシャルエステのようなマッサージになってます。

ローレンさんのタッチどんなだろー
貴重な体験されて羨ましいです

GAVIちゃん、お写真でも意志がしっかりしているお顔ですものね
何回生まれ変わったんだろう

私、チャクとはずっと昔一緒に居たような気がします

♪ じゃぐちねこ ♪
♪ 2010/02/22 10:23 PM ♪
♪CommentForm♪










♪TrackbackURL♪
http://gavi-health.jugem.jp/trackback/258
 公序良俗に反するトラバは絶対禁止です!
♪Trackbacks♪
InternetExplorer Only