♪スポンサーサイト♪

一定期間更新がないため広告を表示しています

♪ - ♪
Comments#0 / Trackbacks#0
♪鶏 −食材備忘録♪

鶏の入手先のことを考えていたので・・・
・・・でも、鳥類を少なくしても最近やはりグルーミングが増えているような気がするので・・・鳥が原因ではないのかも。
先週末より、ユッカアルファルファチンキを1週間休止してるのでそのせいかもしれません・・・
・・・ということは、やはりアレルギーか何かで炎症をおこしてて効いているのかユッカ・・・(´-ω-`)ウ〜ン
オゾン層破壊 
1
中医学属性
 寒熱:      温
 昇降収散潤燥:  潤・昇 
 臓腑:      脾、肺
 五味:      甘
 季節:      通年


2栄養素的なメリット
 ビタミンAは多めだが、亜鉛や鉄分は少なめ
 鶏皮はコラーゲンが豊富、ただし脂質も高いため注意。
 (最近の飼育法では鶏の脂肪は豚以上とも言われているようです)
 鶏肉のたんぱく質には消化しやすいメチオニンが含まれている。
 性質上、体に余分な熱がこもりやすくなるので注意。


3注意すること
 コラーゲンを期待する場合はビタミンCと一緒にとる必要がある。
 最近の鶏は脂肪が多い。
 中国では鶏頭、手羽の先、尾部を除いて料理する習慣があるらしい。
  「老鶏頭はヒ素」ということわざがあるらしい。
 尾部(ボンジリ?)はリンパの集中部で、ウイルスや発ガン物質が貯蔵
 される部位との研究もあり。


不思議ですが、びーちょん、鶏は手羽先の先(一番先の関節)す必ず、また日によっては第二関節も残すので、何かしらあるのかもしれません。
鶏は手に入りやすく、使いやすいのですが、鶏を使うときも羊と同様、体を冷やす野菜などと組み合わせたほうがいいのかもしれません。


 ※CAUTION※
こちらは理系からほど遠い自分のためのつたない備忘録です。数値や内容に間違いも多々あると思います。参考にされる方などいないとは思いますが、あまり信用しないでください。(^^;)
食材備忘録
Comments#0 / Trackbacks#0
♪スポンサーサイト♪
♪ - ♪
Comments#0 / Trackbacks#0
♪ Comments ♪
♪CommentForm♪










♪TrackbackURL♪
http://gavi-health.jugem.jp/trackback/257
 公序良俗に反するトラバは絶対禁止です!
♪Trackbacks♪
InternetExplorer Only