♪ユッカブレンド♪
 
アニマル・コミュニケーションの実際の内容以外に思うところについてはとてもいろいろあって、少し重くなってしまうので・・・絶滅動物
少しお休みして、1月からびーちょんに使い始めたサプリについて・・・

びーちょんの腹部の脱毛ないしは過剰グルーミングに関しては主治医はアレルギーかアトピーが関与していると考えています。
主治医の考えですが・・・ストレスによるものと言われているものでも実際に精神的なものが原因となるのは20%ほどで、大半がアレルギーやアトピーだと・・・
で、その可能性をチェックするためにステロイドで完全に症状が消えるかどうか、消えた時点でじゃ何が原因となるかを探るか、原因がわからなければステロイドを使い続けるという治療になるわけです。
ステロイド自体が免疫を抑制するのでアレルギーや炎症はおこりにくくなりますが、体自体のリズムが狂い、副腎皮質で本来行われるべき機能−糖・脂肪・電解質などの代謝作用に異常をもたらしたり、免疫抑制、副腎機能の抑制などの副作用がでます・・・
もちろん、問題の重大さによってステロイドを調整しながら使用することは意味があることだと思うのですが・・・Gaviの現在の状況でステロイドを使用することのメリットとデメリットを考えた場合・・・私はステロイドの使用はデメリットの方が多いと思っていました。

いつもいろいろと教えていただいている
じゃぐちねこさんから「ユッカはどうでしょう?」と去年コメントをいただき、ユッカで使えそうなものを今年から使い始めています。


アニマルエッセンシャルズアルファルファ・ユッカブレンド
 (↑ クリックで販売店説明へ飛びます)



ユッカは、免疫が落ちてひどい口内炎になった猫さんがステロイドの代わりによく使用されているもので、将来年をとりGaviの免疫が落ちた時に使用も視野に入れていたものです。
アニマルエッセンシャルズのアルファルファ・ユッカブレンドは、アルコールフリーで、オーガニックのアルファルファの葉、ユッカの根、バードックの根、リコリスの根をメインに抽出されたチンキで、主に慢性関節炎用として販売されています。

ユッカ:
ステロイド性のサポニン成分を含む。
食欲増進、栄養吸収の促進
抗炎症作用(関節炎など)
抗腫瘍作用
副作用はないとされる

しかしながら、過剰・長期の使用は胃や腸の内膜・粘膜を刺激するため、
週2日は休止日を取ることが望ましい。


アルファルファ:
ビタミンKを含む。
栄養補給、抗炎症・抗酸化・利尿作用
関節炎などにもっとも効果の高いハーブ
尿phを整える。

ただし過度の酸性尿が出る場合は尿をアルカリ化する作用も。
過剰に与えると、ハインツ小体性貧血症を起こす場合もある。

バードック(ゴボウ):
慢性皮膚病などの治療によく使用される。
血液浄化・肝臓・腎臓の刺激・利尿作用、栄養補給
炎症軽減

リコリス(カンゾウ):
去痰・血液浄化作用、内分泌系・腺組織への作用、抗ウィルス・免疫賦活作用など
天然のステロイドのような作用があり、プレドニゾロンのような副腎皮質ステロイドの代用としても使われる。
長期・大量の使用はK不足(電解質のアンバランス)をもたらす。


使用は猫は10〜20滴(犬 10圓砲弔20滴)を2回、5日使用・
2日休止を推奨しています。

Gaviの場合は週5日使用・週末休み、2〜3週続けて1週休みにしています。
また、アルファルファも含むため(アルファルファはビタミンとミネラルの供給源として手作り食でよくすすめられています)、Gaviの場合は尿phを見ながら半量(1回5滴)にしています。
他の原因も考えられますが(Gaviは月齢でphが変化するので)10滴まで増やした時点で尿phが若干あがったためです。
チンキは食材よりも濃いため、食材として使用していた際はphに影響はほとんどありませんでしたが、体重3.9〜4圓裡韮瓧iには10滴は多いと考えたこともあります。
アレルギー・アトピーだった場合の消炎を期待してもありますが、Gaviは保護時の骨折の後遺症で右肩に関節の形成不良があることと、今年7歳とシニアの範囲の年齢になることの対策もかねています。(こちらは様子を見て量はもう少し6,7滴位まで増やすかもしれません・・・)
ハーブなので効果が出るとしても、2,3ケ月後からだと思うのですが・・・


食材ではなくサプリやチンキなどの濃度が濃いものを使用する際は、私は最大でも半量から始め様子を見ながら増やすようにしています。
食材として使用する場合は、Gaviはかなり細かくみじん切りしたものやすりおろしたものも気に入らなければよけて残します が、パウダーやチンキになっているものは残しようがないので・・・
残したものはその時点でその量やそのものがGaviにとって必要じゃなかったと思うことにしています(笑)
同じものでも食べる時は食べるので。

また、いいのかどうかわかりませんが・・・
サプリやハーブはどれも週1〜2日程度休止日を作り、時々1週間程度の休みを入れています。
サプリなどはボトルから小さなタッパーに移して使用することが多いので、タッパーの中身がなくなった時点でなんとなく休止しています。







いつもありがとうございます。
ポチッと応援していただけるとうれしいです♪

(バナー: 3匹目の猫さん提供♪/ありがとうございます)

 ※NOTE※
こちらはGaviのためによかれとやっていることで、万にゃんに効果があるものではありません。
もし、サプリや薬品を使用される際は獣医さんにご相談ください。
栄養・機能 備忘録
Comments#6 / Trackbacks#0
♪スポンサーサイト♪
♪ - ♪
Comments#0 / Trackbacks#0
♪ Comments ♪
Gaviちゃん、ユッカが効くといいですね。
プーは1年以上アズミラのユッカインテンシブとヒルトンハーブのトップコートを使っていましたが、効果なしでした(今は使っていません)。
今ほどひどくないときはプーもトップコートとかサーモンオイルでカイカイが軽減できていたので、Gaviちゃんはユッカに反応するかも。

最近思うのは何を食べるかじゃなく、その子自身の自力次第だということ。
ハーブや消化酵素さえ使わず食材だけで何の問題もなく元気いっぱいで栄養もしっかり吸収できるミルと、ドライフード並みの栄養価がないと(特に亜鉛とか。これは長い間ドライフードで育ったせいもあるかも)身体が保てないプー。
今は割り切ってプーにはドライフード(ジャガイモが原材料)をサプリメント代わりに使っています。
♪ プーママ ♪
♪ 2010/02/01 1:20 PM ♪
 ☆プーママさん、ありがとうございます♪
プーちゃん改善してきてよかったですね^^
一ヶ月でずいぶん落ち着いてきたみたい♪
プーママさんがいろいろと考えられてるからですね。

プーちゃんはユッカあまり効果が出なかったんですね。
アズミラのも考えたのですが、他のチンキがアルコールベースみたいだったので、ユッカはどうかわからなくて今回はアニマルエッセンシャルズにしてみました。
効果が出るといいのですが、どちらにしても、肩のこともあるのでしばらくは続けてみようと思っています。

>最近思うのは何を食べるかじゃなく、その子自身の自力次第だということ。
これはホントにそう思います。
びーちょんも根本的な問題があるので、大きな問題が出る前にせめて食べ物で整えておきたい、同年代の他の猫さんと比べてもかなりいい状態が続いていると思っていたので、今回の脱毛/薄毛はショックでした。
Gaviを好きな気持ちとは別に、気持ちの中に問題のない子猫を離乳から手作り食で育ててみたい気持ちも正直あります。
今回の脱毛が本当にアレルギーやアトピーなのか、ストレスなのか、もしくは他の原因からきているのかわからないのですが、できることが食べ物や環境を整えること位しかないのが悲しいです。

亜鉛は手作り食だと本当に難しいですね・・・
今も足りているのか不安があります・・・
♪ Gavi主 ♪
♪ 2010/02/01 7:26 PM ♪
ご紹介ありがとうございます。

うちはアズミラのをちょっと試しましたが、
アニマルエッセンシャルズのは他のハーブも色々入ってるんですね
詳しい説明ありがとうございます
参考になりました

でも、10滴って結構ありますよね。
西洋の猫さんとは体格とか色々違うから、量は調整してあげたほうがいいんでしょうね。

そうかぁ ハーブだと2−3ヶ月先なんですね
うちも、もうちょっと続けてみたほうがよかったかも

脱毛が緩和したら原因の特定に入るってのまではまだ分かりますけど、原因がわからなければステロイドを使い続けるってなんか困りますね・・・
♪ じゃぐちねこ ♪
♪ 2010/02/01 8:17 PM ♪
 ☆じゃぐちねこさん、ありがとうございます♪
無断でお名前お借りしてすみません。
アズミラのを使われたことがあるんですね。
どちらにしようか迷ったのですが、アズミラのほかのチンキがアルコールベースでこれはどうかわからなかったので(調べろよ!・・・って(笑))、オーガニックにもひかれてこちらにしちゃいました。
アルファルファは今はパウダーを使っているのですが、ローズヒップもパウダーなのでドロドロしてしまって・・・

味は甘苦い感じですが10滴は多いんじゃないかと思います。
10滴にして数日たった頃尿チェックしたら、7.2前後になっていたので、関係あるかも・・・って、今は5滴にしています。

ハーブどうなんでしょう?
レビューで書かれていた方で1本終わる位から・・・みたいなことを書かれていたので。
尿phはわりとすぐあがったのですが・・・

そうなんですよね・・・
獣医さん、症状が出たらステロイドや副腎皮質ホルモンを・・・という方が多いようです。
根本的な解決にはならないので、間をおいても使い続ける形になってしまうのではないかと思います・・・
♪ Gavi主 ♪
♪ 2010/02/02 7:46 AM ♪
きくといいですね!!
アルファルファ、めんま食べないかしら?と
用意したけどやっぱりだめでした...
Gaviちゃんにはおねえさんがついているから、
いつも最善の策をチョイスしてくれてるので、
私にもおねえさんがついてほしいくらいです。(笑)
過剰グルーミングはないけど、一度自傷らしきことを
したときにものすごく動揺したので、なんか...
本当に改善されますように。
こないだGaviちゃんブログで食べ物を拝見したけど、
やっぱり微量元素とか、本物の食材でとってる子は
幸せだなあ、と思いました。
食べなきゃしょうがないので、がっくりですけれど。

ここからはめんまのことなので、お時間があるときに読んでください。

前にコメントでご相談したいと書いたのですが、
エッセンスを使ってる知人が教えてくれて、
めんまのブログを読んでて、恐怖からの攻撃では?
もしそうなら、ロックローズがやっぱりよいのでは?って...
なんか悩んじゃってむむう、です。どっちにせよ、
おねえさんがよければ、おねえさん経由で
お願いしてよいでしょうか?
あと、そのひとはドクター.シェリル.シュワルツさんという
ひとの教えを参考にしてるそうなんだけど、
中医学ではめんまは先天的な腎と心の「虚」ではないかって。
ホメオパシーのアコナイト30Xというのも薦められましたけど、
ホメオパシーはさっぱりわからないので、ネットでこれから
見てみないとです。ごめんなさいね、Gaviちゃんのサイトでめんまのこと。
スターオブベツレヘムは、本人(猫)が意識してない、
たとえばおなかの中での恐怖とかをやわらげるのにも
効くのでしょうか?おねえさんならご存知かしら...
やっぱりこれも、おねえさん経由で、教えてくださったかたに
教えていただいて、配合も考えていただいたほうが
よいですよね?
友人が教えてくれたのも大切にしつつ、おねえさんに
うかがったことも参考にして、全部あわせて...
めんまねえちゃん
♪ 2010/02/02 10:28 PM ♪
 ☆めんまおねえちゃん、ありがとうございます。
効果があるといいのですが・・・
だだどちらにしてもびーちょんも今年は7歳シニア入りなので(笑) 関節のケアも昔のことがあるから必要なので、しばらく続けてみようと思ってるの。
微量元素もねー・・あれで足りているといいんだけど・・・^^;
亜鉛や銅なんかがとても心配です・・・

バッチ、もしあの方に相談されるなら、必要なら私の名前を出していただいてもいいけど、めんまおねえちゃんが直接メールでいろいろと相談されたほうがいいと思います。
めんまちゃんの微妙なところとか・・・私ではわからないことも多いし。
私も詳しい方に教えていただいてお願いしたけど、長いメールの説明やブログで関連したところも見てくださったようで、とても丁寧に親身になって対応してくださいました。
相談されて疑問があれば何度でも・・・たとえば経過なんかも連絡させていただいて相談にのって下さったので。

シェリル・シュワルツさんの本は翻訳版を1冊だけ持っています。
中医学自体がよくわかっていないので^^; Gaviがどの証とかわからなくて、あまり影響のない(間違えても変なことにならないような)ところだけ他の本とあわせてマッサージや食事の参考にしてます。
その方はめんまちゃんは先天的な腎と心の虚だと考えられてるんですね・・・?

ホメオパシーもちゃんと勉強しているわけではないのでよくわからないのだけど・・・
Gaviも3歳から猫のホメオパスの方に処方していただいてますが、アコナイト自体をめんまちゃんが恐怖からパニックになった時に単発で使うのはいいと思うのだけど、そのポーテンシーとかどれくらいリピートするかも微妙かも。
ホメオパシーも副作用はないのですが、ちょっと微妙なところもあるので・・・
たとえばめんまおねえちゃんが風邪のひきかけにアコナイトの低いポーテンシー(30Cとか)なんかを単発でそのときだけ使ったりするのはいいと思うのだけど(私も風邪のひきかけや生理痛はホメオパシーのレメディを使ってます)・・・もしめんまちゃんの問題全体をホメオパシーで対処するならもっと長いスパンで根本的に考えるのもありかな・・・という気がしました・・・
めんまちゃんの場合って単純なものではないような気がするので・・・
で、ホメオパシーは漢方やハーブと同時に使うと作用が打ち消されたり変わってくることがあるので、使うならそれも考えた方がいいかも。
家は・・・バッチも、ホメオパシーのレメディを処方されている時は獣医さんに行くとき単発でレスキューを使っても、日常的に使うとわかりにくくなっちゃうから、どちらかにしてます。
なんか・・・勧め屋さんになってるけど^^; ホメオパシーで対処するなら、猫専門にされている方にお願いするのが安心なような気がします・・・
とりあえず、ハーブかバッチかホメオパシーか選んでどれかひとつをある程度の期間続けてみてはどうかな・・・って思います。

バッチも今度コースを取ってみようとは思ってるのだけど・・・今は全然わからなくて^^;
頼りにならなくてごめんね。(ショボン)
スターオブベツレヘムは何年も前の過去に起こったことで受けたショックのトラウマにいいそうなので(それって無意識の恐怖だよね?)・・・なんとなくめんまちゃんは辛い思いをしてたから(レスキューキャットにもよく使われるみたいです)・・・これも入るのかと思うけど・・・専門家の方は他の状況とあわせて違う考えかもしれないし・・・
とても親身になってくださったのでダメもとで聞いてみそ。
で、処方していただいたもので家にあるのはトリートメントボトルに入れて送るから、ないのだけ買えばいいし。

良い方向に進むといいですね・・・お互い・・・

♪ Gavi主 ♪
♪ 2010/02/03 2:54 AM ♪
♪CommentForm♪










♪TrackbackURL♪
http://gavi-health.jugem.jp/trackback/255
 公序良俗に反するトラバは絶対禁止です!
♪Trackbacks♪
InternetExplorer Only