♪スポンサーサイト♪

一定期間更新がないため広告を表示しています

♪ - ♪
Comments#0 / Trackbacks#0
♪抗酸化 (備忘録)♪
活性酸素
酸素の酸化作用が強力になったもの(活性力の強い酸素・他を酸化させる)
好中球やマクロファージから放出(後にアップ予定「免疫」参照)
フリーラジカル(電子がひとつ足りない分子)を発生させ、電子を他の分子から奪い、奪われた分子はまた別の・・・と連鎖を繰り返す。その連鎖のスピードはとても速い。

 一重項酸素(1O2)
   ↓
 スーパーオキシド(ラジカル)(O2-)
  エネルギーを作る際に生成。攻撃力弱。大きな実害は及ぼさない
   ↓
 過酸化水素(H2O2)
  殺菌剤のオキシフル。攻撃力強。実害
  赤血球膜から水素を奪うため、赤血球が酸化・変形、機能しなくなる
   ↓
 ハイドロキシルラジカル(HO)
  金属と反応して生成 
  活性強力。細胞内のDNAまで破壊(癌化)すると言われる
  これに対応する抗酸化酵素は体内にない
   
良い作用:
体内に侵入してきたウィルスや細菌を殺す

適量の活性酸素は必要不可欠

なぜ発生するか 通常の生活から(呼吸・運動)・・・エネルギー代謝の過程で必ず発生
 ストレス(大気汚染・タバコの煙・食品添加物・ストレス・飲酒・過食etc.)から・・・
 紫外線

結果↓(悪い作用)
 サビ・老化
  炎症
  (歯肉炎・アトピー皮膚炎・胃炎・肝炎・膵炎・関節炎・腸炎etc.)
  ガンの要因(DNAを傷つける)
 例: 脂肪の酸化→過酸化脂質
     細胞膜にダメージ、ガン細胞の発生や増殖を促す

まとめると:
通常の生活−呼吸・運動、ストレスなどにより体内に自然発生する毒性のある酸素。
特に体内の動きを狂わせるようなストレス(排ガス、タバコ、ウイルス、紫外線etc.)の侵入に対し、活性力の強い酸素を発生させ排除のため攻撃する。
=良い面としては体内に侵入してきたウィルスや細菌を殺す
が、その際、細胞膜や遺伝子まで傷つける。コレステロールを酸化、老化促進、正常細胞を傷つけ、ガンの原因となることもある。

抗酸化物質(スカベンジャー)
酸化の害を防いでくれる物質すべて。
免疫機能の調整、老化、生活習慣病、ガンなどから身体を守る。

フリーラジカルを安定させる成分を積極的に提供することで、細胞の破壊の拡大を防ぐ

 SOD(体内で作られる酵素)
  人間の場合20代をピークに減少
  SODを作るためには亜鉛が必要 
 ビタミンC
 ビタミンE
  (ビタミンC・Eの体内での持続時間 3時間位という説)
 CoQ10
 ポリフェノール
 リコピン
 βカロチン(猫は別)
 活性水素
 カテキン
 ゴマグリナン
  etc.

要チェック:
 抗酸化物質の過剰摂取の弊害の有無
 弊害があるとしたらどのような状況下で起こるか


GAVI主

※CAUTION※
こちらは理系からほど遠い自分のためのつたない備忘録です。間違いも多々あると思います。
馬鹿にもわかるように(^^;)お教えいただける方、サイトをご存知の方がいらっしゃいましたら、コメント下さい。



栄養・機能 備忘録
Comments#0 / Trackbacks#0
♪スポンサーサイト♪
♪ - ♪
Comments#0 / Trackbacks#0
♪ Comments ♪
♪CommentForm♪










♪TrackbackURL♪
トラックバック機能は終了しました。
 公序良俗に反するトラバは絶対禁止です!
♪Trackbacks♪
InternetExplorer Only