♪不思議な話♪

書こうかどうしようか迷ったのですが・・・
記憶がどんどん薄れていくので備忘として・・・食物連鎖

Gaviの薄毛が始まってから・・・アトピーかどうかを確かめるためだけにステロイドを使いたくなかったこと、またそのレベルではないと思っていたのでそれ以外に思いつくことは試していたのですが、精神的な面もあるのではと当初から考えていました。
それもあり、以前、アニマルコミュニケーションをお願いしたり、実は今週も海外から著名な方が来日されており、対面での予約を取っているのですが・・・
私も晩秋から少し勉強をし、寝る前にGaviに心の中で話しかけるようにしていました。
自分が落ち着けるお気に入りの場所を想像し、そこにやってきたGaviと話をすることを強く想像し思う・・・というものです。
初めてから何ヶ月かたっても、別にいつもと変わらない日々が過ぎていきました。
当たり前といえば当たり前なのですが(笑)


それが土曜日に、ふとGaviに

 「びーちょん、いつもねーちゃんのお気に入りのとこ来てくれないけど・・・
  びーちょんのお気に入りの場所ってどこなの?」

と、心の中で問いかけたら、普通に・・・

 「スケルトンはしご階段の上だよ」

・・・って。(笑)
スケルトンはしご階段は、一昨年解禁にした、2階から3階のロフト(実際はおっとっとの秘密基地)に登るはしごで、Gaviはこれをトントン登るのが楽しいみたいなのです。
部屋自体にはおっとっとの工具があり危ないのでドアを閉めており、ほんの1畳くらいのスペースにおいてあるキャンピングチェアーや、上り口のはしごスペース程度の場所で香箱を組んで見下ろすのが好きみたいで、よくそうしています。

 私 「びーちょん、ねーちゃんが呼んでも来てくれなかったのに、
    お家のスケルトン階段が好きなんだ。
    ねーちゃん、そこに一緒に座ってもいい?」
 び 「ダメ。ねーちゃんおっきいから一緒に座れないもん!」

そのときは他にもいろいろと話したのですが・・・内容は翌日のものとごっちゃになってしまって・・・

日曜もキャンプだったのですが、眠る前に話しかけたら答えが浮かんできました。

 私 「びっちゃんさ、お気に入りの場所スケルトンはしご階段の上って
    言ってたけど、木登りや岩飛び好きなのに・・・
    木や岩の上じゃないの?」

 び 「木や岩はね、イベントでアトラクションなの。
    お気に入りはそういうとこじゃないんだよ。
    ねーちゃんがいつもいるのもお気に入りじゃないよ。」
    (私はGaviが好きそうな川のそばの岩の上をいつも想像してます)

 私 「へぇ、そうなんだ。じゃ、キャンプやお散歩ってホントはあんまし
    好きじゃないの?」

 び 「キャンプ好き。ずっと一緒、そばだもん。
    お散歩も楽しいけどイベントでアトラクションだもん、違うよ。」

 私 「楽しいの?カメラパシャパシャしてもヤじゃない?」

 び 「・・・う〜ん、楽しいけど、お散歩むずい時がある。
    カメラなんかもうるい時もあるけどいいよ。」

 私 「むずい? むずかしいってこと?うるいってうるさい?」

 び 「むずいはむずい。うるいはうるいだよ。
    最初はちょびっとむずい時やうるい時がある」
   (なんとなく他の人がいたりすると、最初は様子見をしなきゃいけないから・・・っていうような感じがしました。
    ちょっとイライラする感じ)
  

           〜 略 〜

 私 「びっちゃんおなかペロペロするけど毛なくなって痛くないの?
    なぜなめたくなっちゃうのかなぁ?」

 び 「ここはね(おなかをさすような)毛がない方がいいの。」

 私 「なんで?かゆいの?」

 び 「かゆいんじゃなくて・・・こんな感じ」

   (私のおなかの方の左側がむずむずするというか・・・体にぴったりしたコットンの肌着に小さなしわがよってなんかそれをのばさなきゃ気持ち悪いという感じ、ホントに小さなしわがいっぱいある感じがしました)

 私 「かゆくないけど、ヤだね」

 び 「だからね、毛がないほうが(手入れしやすくて)いいの」


          〜 略 〜     

 私 「びーちょん、いつもねんねする時お顔のとこに出てくるけど、
    寒くない?お布団に入ってればいいのに暑い?」
   (Gaviは私と寝ている時は最初は布団に入っているのですが、すぐ枕のところにでてきます。)

 び 「お顔はねお顔のとこにないといけないんだよ、ルールだよ」

 私 「へぇ、そうなんだ、びーちょんお利口だね、なんでも知ってるんだね。
    やさしいし頭いいし、ねーちゃんもびーちょんみたいな
    立派なにゃんこ・・・立派な生き物になりたいな」

 び 「アタシみたいな立派なにゃんこになればいいのに。」

 私 「ねーちゃんはにゃんこじゃないからにゃんこにはなれないよ」

 び 「そうなの? アタシみたいに立派なにゃんこになればいいのに・・・」

 び 「じゃあね。」

 私 「(森の中から草原に行くびーちょんを見て)
    びーちょん今日はねーちゃんの場所に来てくれたんだ。」

 び 「(振り返って)ねーちゃんのお気に入りはそこだよ。」  



寝ぼけていたのかもしれませんが、とりとめもないことが画像だったりイメージだったり言葉だったりで頭の中に浮かんできました。
集中してる感じはまったくなくて自然に次々と。
ただコチラの質問に答えがないときもありました。
出てきたびーちょんは、あっけらかんとした利発な小学校中学年から高学年位のイメージ。
散歩やキャンプに連れて行くとグルーミングが改善する風なので、木登りや岩飛びもとても好きかと思えば、「あれはイベントでアトラクション」とか日常と分けてる風なところ、お利口でえらくてやさしいすごいにゃんこだねってほめると自分でもそれを当然と思ってるところが、私の中の妄想が作り出したものだったとしてもとてもGaviらしくて笑えました(笑)

何かはわからないけど(結局おなかのこともよくわからないわけで・・・)・・・不思議で、そのくせ少し楽しくなった不思議なひとときでした。
Gaviとコミュニケーションが取れたわけではないにしても・・・また、こんな風にでも(私が寝ぼけたり、妄想だったとしても)話せるといいな。






    ※CAUTION※
こちらの内容は理論的裏づけはとっておりません。
主観も十分入っているものと思います。
また、通常の獣医療を否定するものではありません。
参考にされる場合はご自身でお調べのうえ、ご判断ください。




いつもありがとうございます。
ポチッと応援していただけるとうれしいです♪

(バナー: 3匹目の猫さん提供♪/ありがとうございます)
つれづれ
Comments#10 / Trackbacks#0
♪スポンサーサイト♪
♪ - ♪
Comments#0 / Trackbacks#0
♪ Comments ♪
へぇ〜、不思議だね。
でもこういうことが本当だった!っていうこともあるよね?
びーちょんと会話ができるなんて楽しそう…
ニャンズの本音ってどんなんだろうね?

もしできるなら…タッタとボンボと話がしてみたいなぁ。
色々と聞きたい事があるんだ。
ズッコのマミィ
♪ 2010/01/13 2:48 AM ♪
 ☆ズッコのマミィさん、ありがとうございます♪
ねぼけてたのかもしれないけど、ホントにこんな風に話せたら楽しいでしょうね。
あのあとはまだ話に来てくれてません。(笑)
猫の気持ちってたぶん人間とは感じ方がまったく違うだろうから・・・
ストレスも変なことがストレスになってて、これはヤだろうって思うことが全然平気だったりして。
なくなった子とも話せるって言うけれど、ほんとに気持ちが聞けたらなぁ・・・って思うことがあります。
タッタちゃんとボンボちゃんと話せたら、何を聞いてみたいですか?
私・・・いざそういう機会が来たら何もはなせないかもしれません(笑)
♪ Gavi主 ♪
♪ 2010/01/14 8:31 AM ♪
読んでて、なんだかほわほわした気分になれました。
つかみどころがないようで、それでいて
ホント、Gaviちゃんなら言いそうで…。
リアルと妄想のあいだ?なのかな。
けれど、何かカラフルな世界が目の前に開ける気がしました。
絵本の世界に足を踏み入れたような。
私もゴンに聞いてみたいな、お腹噛み噛みする理由。
今はかなり収まっていますが。
3匹目の猫
♪ 2010/01/14 9:51 PM ♪
すごい!!!
私には、GAVI主さんの妄想とは思えません。
なんか人間の頭で考える範囲を超えているというか。

お腹は毛がないほうがいいからとか
お顔のルールとか・・・

むずいとかうるいって、GAVIちゃんかわいすぎます
うずいはうずいだよとか
ネコさんらしい

チャクも、

「こうだっていったらこうだ!質問は受け付けない!」

ってところがあるので笑ってしまいました

私もチャクに、なぜ舐めちゃうのか聞いたことがあるのですが
わからないけど、イーーーってなる
みたいな答えしか返ってこなくて

私の能力が不十分ということもありますが
でも、人間でも抜毛症の人は自分でなぜ髪を抜いてしまうのか
わからないわけだし、猫でもそういうことがあるのかなって思いました

こんなに色々話せたら楽しいですね
ほほえましくて楽しい気分になりました♪

いいなー
私も勉強してみようかな

著名な方との面談も楽しみですね!


♪ じゃぐちねこ ♪
♪ 2010/01/14 10:13 PM ♪
いいな〜、Gaviちゃんといっぱいお話しできて。
妄想だとしてもうらやましいです(笑)。
夢の中の話だとしても、きっとGaviちゃんからのメッセージですよ!

著名な方って、マッコールさんですか?
楽しみですね!
♪ プーママ ♪
♪ 2010/01/15 7:27 AM ♪
すごいですね〜
本当に不思議な感じ。
でも、なんかGaviちゃんらしいって言うか
なんか、ただの寝ぼけではないかも。
私もお話してみたいなぁ。
♪ まき ♪
♪ 2010/01/18 12:24 PM ♪
 ☆3匹目の猫さん、ありがとうございます♪
なんかGaviらしいでしょ?(笑)
私がいつも代弁しているGavi(笑)よりおとなでした。
♪ Gavi主 ♪
♪ 2010/01/19 12:50 AM ♪
 ☆じゃぐちねこさん、ありがとうございます♪
とてもしあわせっていうかほんわかした時間でした。
猫はなんとなく人間とはものの見方とか感じ方違うって・・・アニマルコミュニケーションをしていただいて思いました。
実際にしていただいた際はGaviが怒ってたのであんまりかわいくなくて^^;
チャクちゃんのイー!わかる気がします^^
♪ Gavi主 ♪
♪ 2010/01/19 12:54 AM ♪
 ☆プーママさん、ありがとうございます♪
夢か妄想だったとしてもとてもほんわかとしたステキな時間でした。
その後も2回くらい、びーちょんから要求がきたような気がしたのですが(笑) Gaviが話したい時だけみたい(笑)
ローレン・マッコールさんに話していただいた時は・・・とても切なくなりました・・・
♪ Gavi主 ♪
♪ 2010/01/19 12:57 AM ♪
 ☆まきさん、ありがとうございます♪
ホントに話ができてささいなこと聞けたらいいですね^^
今日は何食べたい?とか。(笑)
♪ Gavi主 ♪
♪ 2010/01/19 12:59 AM ♪
♪CommentForm♪










♪TrackbackURL♪
http://gavi-health.jugem.jp/trackback/249
 公序良俗に反するトラバは絶対禁止です!
♪Trackbacks♪
InternetExplorer Only