♪スポンサーサイト♪

一定期間更新がないため広告を表示しています

♪ - ♪
Comments#0 / Trackbacks#0
♪6歳ワンにゃんドッグ 30 octobre♪


5月に行く予定がのびのびになっていたお誕生月ワンにゃんドッグに行ってきました。
気になることが何点かあったのに、院長アポがとれず10日ほど悶々としていました(笑)
何点かあるので、それは後日別記で・・・とりあえず検査結果のみ。省エネ


きのこオレンジ腎機能 正常グッド
  クレアチニン 1.8おてんき(正常値 0.8-2.4)
     前回2/27   1.7 

   BUN 32.5おてんき(正常値 10.0-35.0)  
     前回2/27  27.3

思うところがあって、たんぱく質食材を通常の10〜20%増しにしていました。
もともとたんぱく質食材が多いので、Gaviの場合BUNは30前後になるようにしています。


きのこオレンジ白血球
  WBC(白血球数) 56  (正常値 55-195)
     前回2/27   52↓
  RBC(赤血球数) 1034↑くもり
  (正常値 550-1000)
     前回2/27   1017↑

  Lym(リンパ球数) 2912おてんき  (正常値 800-3600)
     前回2/27   2014

いつも高いリンパ球比 52%
リンパ球比と顆粒球比が逆転している副交感神経優位のアレルギー体質なのもいつものことです。
白血球の推移グラフ → 後日
赤血球が高いのは興奮しているせいだと思います。
そういえば今回はレスキューレメディを使うことにまで頭がまわりませんでした・・・
いかん・・・

以前より見られたLGL(巨大リンパ球)若干。(増加はしていないので問題なし)

LGLについて:
これは存在自体がここ何年か前に見つかったものらしく、まだ詳しい研究はすすんでないらしいのですが、癌を捕食するナチュラルキラー細胞のような働きをするそうです。
LGLが見られても一生何も起こらない猫さんもいますが、癌を捕食する細胞があるということは必要性があるから出ている可能性もあるので、マメな検査で推移をチェックし、変化があった場合は早く対応するという考えを、びーちょんの主治医の院長先生は持たれているようです。




きのこオレンジ
  TCHO(総コレステロール)252↑くもり  (正常値 70-210)
     前回2/27   320↑
  TG(中性脂肪)16↓  (正常値 40-110)
     前回10/03  20↓

今回いつになくコレステロールが低いことについても食事を思うところがあって変更していたのでそのせいだと思います。
少し興味深い結果になりました。
こちらも後日


  TP(総蛋白) 8.2  (正常値 5.5-8.3)
     前回2/27   8.2
  ALB(アルブミン) 3.4  (正常値 2.3-3.8)
     前回2/27   3.4

検査前10日ほどのたんぱく質量は6.6〜6.8g/kgにしていました。



<触診>
腹部・右大腿部の軽い薄毛の件、ステロイドに関してはこの程度の状態ではリスクの方が高いので使用したくない旨伝えています。

胸部(左上から2番目の乳頭に腫れ)こちらが気になって予約を早めていただいていました。
細胞診に。

口腔内: 
 FORLsで歯が1本吸収、それ以外は歯石ともOK
 歯に関しては、抜歯という考えもあるようですが・・・毎日消毒し、アクアプロポリスをつけていたので吸収されてはいますが、炎症などは起こしていません。
 おそらく左右対称のもう1本の歯もあと1年くらいで吸収されてしまうと思います・・・
 それ以外の歯については今のところ見た限りでは問題は起きていないように思います。


<レントゲン>
こちらも咳の件が胸部の腫れとあわせ気になっていたのですが・・・
軽い気管支炎のあとがあり。(ただし言わなければわからない程度)


<尿検査>
比重オーバー
ph 6.7
脂肪滴 +
・・・こちらはGaviの場合は問題なし


<便検査>
なし
便検査に関しては1歳時より毎年検査していますが、いつもネガティブです・・・
ただし、気になることがあるので、今年から年1回程度自然な方法で駆虫を考えています。


診療内容 

 体重・・・3.92kg 

診療費明細 (計¥18,963.-)
 わんにゃんドッグ     ¥15,288.-
 細胞診            ¥3,675.- 


      
今後の方針
 3ケ月後に定期血液検査
 もしそれ以前にまた胸部に腫れが出たら検診

 ・オメガ3系オイルを増量するかも
 

※NOTE※
こちらは腎機能がやや悪かった時期があり、アレルギー、他疾患のあるGAVI用に試行錯誤して行っていることです。
依怙地な書き方なので誤解を受けがちですが(笑)、通常の獣医療を否定するものではないことをおわかりいただけるとうれしいです。(現に、投薬は今回の処方をのぞき3年近く処方もされていませんが、主治医の指示で経過見のため年4回程度の定期検査をしています。)
備忘・記録として立ち上げており、必ずしも正しいものではありませんし、また、万ニャン向けのものではありません。

参考にされる場合はご自身でお調べのうえ、ご判断ください。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ホリスティックケアへ

よろしければポチッと応援していただけるとはげみになります。


 
通院・検査結果
Comments#0 / Trackbacks#0
♪スポンサーサイト♪
♪ - ♪
Comments#0 / Trackbacks#0
♪ Comments ♪
♪CommentForm♪










♪TrackbackURL♪
トラックバック機能は終了しました。
 公序良俗に反するトラバは絶対禁止です!
♪Trackbacks♪
InternetExplorer Only