♪スポンサーサイト♪

一定期間更新がないため広告を表示しています

♪ - ♪
Comments#0 / Trackbacks#0
♪びーちょん過剰グルーミング・・・ バッチ選択失敗♪



落ち着いてきて毛が生えだしていたびーちょんの右足&下腹部の過剰グルーミングが6月下旬頃よりまた目立つようになっています・・・
以前のようにテカテカになるレベルまでなめ壊すと言うのではないのですが、下腹部を隠れてなめているようで・・・

ホメオパシーのレメディは6月にホメオパシーのセミナーに出た際に近々処方していただけることになりましたがまだいただいておらず、下腹部の範囲が広がり軽く噛む際に保護する毛がなくなってきているので、歯でかんだプツプツができるような状況になっています・・・

とりあえず先週から、バッチフラワーのクラブアップル(アニマルコミュニケートしていただいた時に「ここがなかなかきれいらならない!」との話だったのと、Gaviは元々かなりきれい好きでグルーミングやブラッシングが好きなので・・・)と手元にあったレスキューを1日4〜5回、4滴づつ食事に混ぜたりしてみましたが、徐々に覇気がなくなるというか食欲も減り、(夫曰く)ショボンとした雰囲気になってきたので、バッチは中止しました。
4,5日続けたクラブアップルとレスキューの投与をやめて1日ほどたった頃から食欲ももどり、(新月期間に入ったのも影響しているかもしれませんが)元気な雰囲気ももどってきましたが、やはりグルーミングはとまりません・・・
私がしたバッチの選択が間違えていたのだと思いますが、影響は確かにあったのだと思います・・・
ホメオパシーのレメディと併用できるか、もしくはレメディ休止期間にバッチの専門家に処方してもらうのもありかも・・・って。

Gaviの場合は、私が不在の時間が長くてもその時にひどくなめているわけではなく、帰ってきた私の顔を見て落ち着いてからなめだします
以前は遊んであげればグルーミングは止まったのですが(多い時で1日4〜5時間、後には1〜2時間で落ち着きました)、春の6歳の誕生日を過ぎた頃より遊び方が変わってきて、おもちゃには興味はあまり示さなくなっており(遊ぼコールはかかるのですが、おもちゃで遊ぶと・・・「遊びたいけど・・・これじゃない・・・」って(涙))、これから暑くなると例年活動量も減るし・・・
グルーミングをするといけないって言われる・・・って言うのは自分でもわかっているようで、なめようとして私と目が合うと「あっ」・・・っという感じで足を下ろすのですが、その後こっそり見えないところに行ってなめるみたいで・・・
常に監視をするのも物理的に無理だし、猫はグルーミング自体も仕事だしそれを止めるのも逆効果になるんじゃないか・・・とか、前回の例から、Gaviの場合はカラーや洋服などで保護しても取った時にその反動で余計にひどくなるので・・・

本当は定期健診に獣医さんに行かなければいけないのですが、根本的な解決にはならないステロイドを(原因の可能性排除のために)処方されるのが目に見えてるし・・・

やはり外に興味を発散させられるような仕組みを作らないとGaviの場合はダメなのかしら・・・

何かご経験がある方、アドバイスお願いします。m(_ _)m

JUGEMテーマ:ペット
 
過剰グルーミング・脱毛
Comments#8 / Trackbacks#0
♪スポンサーサイト♪
♪ - ♪
Comments#0 / Trackbacks#0
♪ Comments ♪
食事とかのカロリーについては、ある程度計算してできるけど、
猫ちんの心のことはめちゃくちゃ難しいよね〜。
うちは、ゴマチンがボンボがいなくなってうつ状態になったので、バッチフラワーを投与したけれど(専門書を参考に症状を見て数種類をミックスしたもの)効きました。
ゴマチンと一緒に私もペットロスなどに効果があるミックスを試してみましたが、個人的には心が軽くなったというかトンネルから抜け出せてたような気がするんですよね・・・
ストレスでオーバーグルーミング(というより毛をむしりとって)をしてお腹がすっかり剥げた友人の猫は、留守中にリラックスできる音楽をかけっぱなしにして出かけたらちょっと良くなったて言ってました。
でもこればかりは、猫の置ける状況によって個体差があるからねぇ〜・・・
ピッピが来て、またゴマチンがちょっと孤立したかな?と思ったのでバッチを試そうかと思ったら、ズッピーが自主的にゴマチンとも遊ぶようになって(ピッピもゴマチンに寄り付いく)必要ないみたい。
本当はこういうチームワークで、うまくやっていけるのが一番だよね。
ズッコのマミィ
♪ 2009/07/24 11:58 PM ♪
 ☆ズッコのマミィさん、ありがとうございます♪
本当に難しいですね・・・
去年の秋に突然始まって、その時は私の不在が続いたからなんだけど、以前1週間ほど出張した時はなんともなかったの・・・その違いって何なのかわからなくて・・・(涙)
バッチの数種ミックスって本でご自身でされたんですね?
その子に該当するって思ったものを・・・ってことですよね?
本読めば少しはわかるのかな?
他に猫がいないのも問題なのかな?
猫としての生活がすごく希薄ですよね・・・室内で1匹だと。
猫と暮らすの10年以上ブランクがあったから、それまでの子って外にも出られるようにしてて、健康上も精神上も問題なかったのね。・・・そうするとやはり外に出せない今の環境かとも思ったりもして、でも現実リスクが高すぎるし。
びーちょんが1,2歳の頃、獣医さんでもらってくれない?・・・って子猫と会わせたことあったんだけどダメだったの・・・子猫のこと恐がりすぎて。
猫が無理なら小鳥か魚でも飼えばまだいいのかな?・・・とか。
・・・とりあえずバッチの関連本読んで、環境かえてみます。
いつもありがとうございます。
♪ Gavi主 ♪
♪ 2009/07/25 1:08 AM ♪
もしかして、トリートメントボトルを作らずに直接ストックボトルからあげましたか?
過敏な子だとグリセリンとかブランデーに反応してしまう場合もあるだろうから、薄めて使ったほうが安心かも。
去年の秋に何か大きな変化がありましたか?
Gaviちゃん、クラブアップルじゃなくて、ウォルナットなのかな?と思ったんです(環境の変化(Gavi主さんが帰ってきたとか月の満ち欠けとか)に影響を受ける)。
退屈だけど何をしていいかわからないみたいなのでワイルドオートとか。
その2つに、Gaviちゃんの性格に合うものを組み合わせれば、効果がありそうな気もします。
もし、トリートメントボトルを作るなら、ブランデーベースでよければ全種類持っているので、声をかけてくださいね♪
♪ プーママ ♪
♪ 2009/07/25 9:46 AM ♪
Gaviちゃん、そうなんだぁ。
レメディはレスキューを持ってますが使ったことは
ないんですよね。
ぶっこの気持ちが把握できずに、なんでいつも興奮してるの?
怖いのか?なんて考えてたんですが・・・
遊びたいだけでしたw
ぶっこもグルーミングが少し過剰に感じるんです。
お腹であった出来物もすっかりキレイになおってますし
首周りももう治りそうです。
アレルギーを心配する方もいたんですが、わたしは
脱走事件のときに相当ストレスを感じたんではないかと・・・。
人同士言葉が通じても分からないことがあるのに
猫ちんだと話し合えなくて、読みとることしか出来なくて
少し不安になってしまいますよね。
多頭飼いはどうなんでしょう?確かに私も行く行くはもう1ニャンって
思うんですが・・・ネコによっては完全拒否する子もいるみたいだし。
でも、慣れのような気もしますよね。

私は何も出来なくってすいません。
あんまり考えすぎないようにして下さいね。

心強い味方がたくさんいますから、きっといい方に改善
しますよ!!
まき
♪ 2009/07/25 2:08 PM ♪
 ☆プーママさん、ありがとうございます♪
ノンアルコールのレメディをトリートメントボトルで薄めて使いました。
・・・バッチはまったく作用しないか改善するかどちらかだと思ってたので^^;、影響を受けた風なのにびっくりしました。
もっと勉強してからじゃないとダメですねー・・・^^;
ウォールナットとワイルドオートφ(・_・。 )メモメモ それと性格にあったもの、調べてみます。
今日ちょうど前教えていただいていた本の1冊が届いたのでじっくり読みます。
ありがとうございます。
週末O先生宅におじゃましたのですが、その時このことをお話したら、バッチでもプルーピング様のものはあるんじゃないか・・・的なことをおっしゃってました。
びーちょんホメオパシーでもすぐ反応が起こるし、反応しやすいんでしょうか・・・
・・・とすると、レスキューは獣医さんに行く時は少なからず効果は出てるようなので、びーちょん元々グルーミングやブラッシングがかなり好きなのですが、クラブアップルではないって言うことなんですよね・・・
奥深いです!

症状が起こり始めた頃いつもと違っていたことは、ちょうどその少し前にレメディを投与していたので好転反応か・・・って思ったんです。レメディの刺激も受けて、いろいろなことに反応しやすくなっていたのかもしれません・・・
で、その直近はキャンプでかなり近場でたぶん鹿害の駆除のハンティングをしてたことと(以前もハンティングの物音を遠くで聞いたことはあったのですが、その時は狩猟犬がそれまで聞いたことのないような悲しげな声でほえ続けていました・・・何の声かはわかりませんが、ちょっと普段の狩猟と違った感じだったんです・・・)、いつもより私の不在時間が長かったこと・・・後は、その1〜2ケ月ほど前に外壁木部の防腐処理工事が半日×2,3日入って、その化学薬品の影響と、工事で家のトレーラーの破損事故があり、その修理にびーちょんの脱毛が始まる2,3週間前まで数度業者の方が見えてたことがある(この時はGaviがよくいる窓から見える位置で作業してました)と思います・・・
・・・言われてみればどれも環境の変化・・・ですよね・・・
ホメオパシーのレメディを出していただけたので、そちらで対応しながら、教えていただいた本で勉強してみます。
本当にいつもいろいろとありがとうございます♪m(_ _)m
♪ Gavi主 ♪
♪ 2009/07/27 12:36 AM ♪
 ☆まきさん、ありがとうございます♪
レスキューお持ちなんですね♪
ウチは教えていただいて獣医さんの時や念のため年1回程度長時間車に乗る際使用しています。
びーちょんびびりぃで獣医さんだと体温上昇、脈拍290とかになっていたのが少し緩和されて来たと思います。

子猫さんは興奮するのもお仕事ですもんねー^^
ぶっこちゃん問題ないと思いますよぉ。
>脱走事件のときに相当ストレスを感じたんではないかと・・・。
その時不安でかんでしまったのかもしれないですね?
治ってきてよかったです♪
虫のアレルギーもありますが、アレルギーはめんどくさいので。

>猫ちんだと話し合えなくて、読みとることしか出来なくて
少し不安になってしまいますよね。
本当に!
自分でアニマルコミュニケートできれば・・・って思うことがよくあります。

Gaviの今回の場合は、外部寄生虫や真菌、白癬なんかの可能性は去年全て検査で排除しているので、心因性のものか、アトピー(ただこれは左右対称で起きるケースが多いし、びーちょん今は食物アレルギーも全く兆候が見られないので可能性は少ないと思います)、ホルモン系なんかも考えられるようなんです・・・

ただ、獣医さんに連れていくと、原因を追究する・・・というよりも、対処療法でこれが効けばこの可能性がある/ない・・・という治療になってしまうんですよね・・・以前食物アレルギーが疑われた際もそうだったのですが、良心的な獣医さんでも検査して原因を探すより、療法食やステロイドなどの症状を抑える薬を処方されます・・・それがまた違う病気の原因になるケースも少なくないのに・・・で、グダグダしちゃってるんです(涙) ・・・

Gaviは今回のことをのぞけばもう4年近く薬を処方される必要がなかったので、必要なら使いますが、できれば今不必要な薬は使いたくないんです・・・知り合いの猫さんでもステロイドで(分量や頻度にもよりますが)糖尿病や肝炎になられた方も何にゃんもいるし、抗生剤程度なら腸内環境を整えるケアだけでさほど問題は出ないとは思うのですが・・・たぶん獣医さんでは症状があっても消えても今回のケースではこれらが処方されると思います・・・

私は1歳半の頃に処方され2,3ケ月使ったアレルギー療法食が、今は正常ですが当時腎機能を落とす原因になったと疑ってるのでなおさらイヤなんです・・・脱毛はおさまったけど肝臓がとか糖尿に・・・なんて最悪だもの・・・

ホメオパシーのレメディでも可能性をひとつづつ対応していただいているのですが、やはり口がきけないのでわからないところも多くて・・・
バッチも勉強しなければと思っていたのでこれを機会に本を何冊か読んでみようと思います・・・って使うより先にしておくべきだったのですが・・・^^;

いつもありがとうございます。
♪ Gavi主 ♪
♪ 2009/07/27 1:16 AM ♪
週末はO先生のところに行かれてたんですね〜。
レメディもいただけたなら、しばらくはそれでOKですね。
最近、プーのカイカイがまたひどくなってきたので、連絡しているのですが、タイミングが悪いらしく、2週間ほどつかまりません…。

ホメオパシーほど激しくはないですが、敏感な場合や長患いにアプローチする場合は、バッチでも反応が起こるそうです。
プーの場合だと(プーもGaviちゃんと同じでエネルギーや化学物質、騒音に敏感)、バッチを外用で使うとぽつぽつ湿疹ができて激しく痒がったり、ホメオパシーの場合ほどじゃなくても、引用している場合は痒みが増したりします。
バッチでもエネルギーの比較的強いもの(オリーブとか)は合わない人が使うと、かえって具合が悪くなることがあるそうです。
レスキューにはクラブアップル、入ってませんものね。
プーもミルもクラブアップルには反応したことがないです。
クラブアップルの潔癖・キレイ好きの根底にあるのは自己否定や自信のなさなので、案外動物には当てはまらないのかもしれませんね。
ちなみにプーの性格はヘザーなんです…。
ミルに関してはいまだに模索中です。
♪ プーママ ♪
♪ 2009/07/27 8:50 AM ♪
 ☆プーママさん、ありがとうございます。
プーちゃんカイカイひどくなっちゃったんですね。
先生なかなかつかまらないですよね(涙)
びーちょんの過剰グルーミング、びーちょんの場合は明らかに私が原因にあると思つたので、私も診ていただくことにしちゃったんです。診ていただきながら猫さんたちと遊ばせていただいて^^

@@!バッチもそうなんですね!
副作用はないっていわれますけど、ホメオパシーもバッチも何かしらの刺激を与えるわけだし、1,2行の簡単な説明だけ見て自分で使うのは無謀でしたね・・・^^;
今日教えていただいて品切れになってた本も届いたのでじっくり読んでみます。
まだ最初の方しか読んでないのですが、プーちゃんのへザーもじっくり読ませていただきます。
びーちょんの性格わかるといいなぁ・・・
ありがとうございます♪
♪ Gavi主 ♪
♪ 2009/07/27 9:08 PM ♪
♪CommentForm♪










♪TrackbackURL♪
トラックバック機能は終了しました。
 公序良俗に反するトラバは絶対禁止です!
♪Trackbacks♪
InternetExplorer Only