♪スポンサーサイト♪

一定期間更新がないため広告を表示しています

♪ - ♪
Comments#0 / Trackbacks#0
♪断食のもうひとつの意味・・・♪



セミナーなどでお聞きしたことは私の捉え方で内容をゆがめてしまうかも・・・って、しばらく書かずにいたのですが・・・今回の獣医師の本村伸子氏のセミナーでおもしろかったことがあるので。(笑)ゴミ分別も慣れれば楽しい

でも受け取り方が間違ってるかもしれないので、まるまる参考にはしないでくださいねー^m^

断食についてはピトケアン氏も本村氏も須崎氏もすすめられていたと思います。
Gaviの場合は以前はこんな感じで月1食ごはんなし日、他の3週は週1食程度生肉生骨だけの食事(こちらはびーちょん変猫なので満月・新月・半月前の夕食)にしています。

ウチは魚も(なぜか今まで飼ったのは全部フグ!(笑))飼っていたので、魚にも週2日程度断食させていたこと、15年と一番長生きしたミドリフグが何年かに一度一月ほどの長期断食を自主的にしていたこともあり、たまに食事をぬくことについては自然界でも常に食事を狩れるわけではないので、違和感はありませんでした。

ただ、断食をさせる理由としては、消化器官を休めるため(&デトックス)・・・って思ってたの。
なので、ピトケアン氏の本にはうろ覚えですが・・・「断食、もしくは生肉生骨、もしくは生骨のみ」と書かれていたこともあり、猫にとって消化のよい生肉・生骨だけごはんなら断食に準じるって思っていたんです。

それが今回本村氏のセミナーでホルモンを分泌する機能を高める・・・というかトレーニングする意味もある・・・と伺い、目からうろこでした(笑)

内分泌系から副腎髄質だけ取り出すのも何なのですが・・・
簡単に・・・(本村氏のセミナーで伺ったこと以外のものも入れています・・・)

副腎髄質の働き
血糖値などにかかわるホルモンの分泌
作用は、心拍亢進、動脈収縮、血圧上昇、胃腸運動の抑制、気管の弛緩、瞳孔散大
・・・などがあるとされているようです。

副腎髄質から分泌される主要なホルモンは
     アドレナリン
     ノルアドレナリン

・・・で、血糖値を上昇させる機能があります。

また、副腎髄質から分泌されるホルモンではありませんが、
     グルカゴン(すい臓)
     糖質コルチコイド(副腎皮質)
     副腎皮質刺激ホルモン、成長ホルモン(脳下垂体)
     甲状腺ホルモン(甲状腺)
・・・など、血糖値を上昇させるホルモンは10種類あるのに対し、
血糖値を下げるホルモンは、ランゲルハンス島から分泌されるインスリンしかないそうです。

これは人間も含めて、長い歴史の中で、自然な状態では
      血糖値が下がる状況=常に食物が手に入らない状況
の方が多かったためではないかと氏は言われていました。
これは、愚見ですが、私もGaviを見ていて、たとえばインターキャットしかりなのですが、「体内にすでにあるものだから害がない」ということで、外から取り入れたり、楽をさせるとその機能がさぼってしまうんじゃないか・・・って。(笑)
     「自分で出す必要がないんだ、じゃ、やぁめた!」
・・・って、バランス=ホメオスタシスが崩れちゃうのかなぁ・・・って言うのは以前から感じていたことです。
(サボりについて前考えたこと・・・ちょっとおもしろい話さぼっちゃう?
ステロイドもしかり、もっと言ってしまえば療法食、それにもしかしたら特定の栄養素だけを抽出したサプリも・・・

本村氏も、内分泌系は楽をしたがる(私の拡大解釈かもしれません^^)的なことを言っておられて。

で、絶食は血糖値を上昇させるホルモンを鍛える機会だというようなことを言われていました。



それとすごく怖くなったのは・・・
本来の猫(というか完全肉食動物)は絶食時には人ほど急激に血糖値が下がることがないそうです。
それはおそらく自然の食性が常に食事を食べている状態になかったため、体がそのようになっているのでしょう。

それを、猫が本来食べてるものではないもの=穀物など(肉以外の、炭水化物などを含むもの)をメインにした食事を与えることで、ホルモンの働きがおかしくなっている・・・
猫は人と違い、炭水化物を消化する酵素の入った唾液も出せませんし、糖はアミノ酸から合成できるのですから・・・

また、余談ですが・・・逆に今猫に糖尿病が増えている理由として、
猫は元々インスリンの分泌に抵抗性があり、↑血糖値は急激には下がりにくくなってることをふまえて・・・

    フードへの(不必要な)糖分の添加
     (猫は本来自ら糖新生で糖を肝臓・腎臓でアミノ酸から合成
      できます) 
    フードの出しっぱなしや頻繁な給餌

・・・により、血糖値が下がらないこともあげられていました。
つまり人間同様飽食が糖尿病をまねいていると。



可能であればホルモンを分泌する機会を作るために絶食をすすめられていました。
本村氏はレトリバーを飼われていますが、これも以前お聞きしたのですが、食事は夜1食のみで、時々断食をされているそうです。
猫の場合も可能なら2週間に1食以上(できれば毎週1回)をすすめられていました。

ちなみに多摩動物園のライオンの食事は1日おき(火・木・土)でそれがおそらく理想ではないかということでした。


ただ、この断食も市販フードを食べてる猫さんの場合は、肉をメインで食べてる個体とは異なり、血糖値の調整がしにくくなっているので、絶食すると血糖値が下がりすぎるためしないほうがいいとのことでした・・・

人間が都合で動物に本来そなわっていた機能を損なっているようで少し悲しくなりました・・・
・・・また、これも変な言い方なのですが、長い間植物性蛋白質が多いフードをメインとしていた子と、肉の比率が高い(自然食に近い食事をしている)子は代謝や食性、行動、性格も少し変わってきてるのかな・・・って、最近実感として感じることがあります・・・
それは、うまくいえないけど・・・アミノ酸バランスとか・・・アミノ酸の帳尻を合わせるということとはまた何か別次元で・・・なのですが・・・
何にせよ個々の個体を見て、何をどうするか、どのように生きることをすすめていくかは、飼い主が判断するしかないのだと思いました・・・
本当はそんなこと人が考えることではないはずなのに・・・
      




※CAUTION※
こちらは理系からほど遠い自分のためのつたない備忘録です。数値や内容に間違いも多々あると思います。参考にされる方などいないとは思いますが、あまり信用しないでください。(^^;)
JUGEMテーマ:健康


セミナー
Comments#18 / Trackbacks#1
♪スポンサーサイト♪
♪ - ♪
Comments#0 / Trackbacks#0
♪ Comments ♪
断食は内分泌系を活発にするんですね。

確かに外から代わりになるものを取り入れすぎると、体は機能しなくなりますよね。豆腐のエストロゲンがいいなんて一時期はやったけれど、外からとりすぎると体内での生成量が少なくなるみたいだし。ネガティブフィードバックだったかな・・・体内のバランスを一定に保つ機能があったような

断食はアーユルヴェーダやヨガでもすごい勧めるんですよね。
断食は食べない治療とかいって、体調悪いときは食べるなともいいます。

体は24時間死ぬまで働き続けているから、断食で臓器の一部を休ませてあげると臓器が長持ちするって・・・


やたらめったら絶食するのは危険だけれど、きちんとした知識をもってすれば体にとてもいいみたいですね。

♪ じゃぐちねこ ♪
♪ 2009/05/28 7:14 PM ♪
 ☆じゃぐちねこさん、ありがとうございます♪
>確かに外から代わりになるものを取り入れすぎると、体は機能しなくなりますよね
やはりそうですか・・・?
体調が悪い時の絶食は安保徹さんもすすめられてますよね・・・
私も風邪をひくとすぐおなかにくるのですが^^; 2,3食抜いて水分を摂るようにするとゆるやかにですが回復します。
薬はどうも私の場合は効きすぎて・・・ 解熱剤を飲むと35℃以下になっちゃったり、風邪薬でかえって胃にきたりするので、よほどのことがない限りは絶食で対応してます。
よほどの場合は(笑)サウナや冷水シャワーなんかでわざと熱を出して一晩で治しますが、逆効果になる時もあるので(笑)

ただ、ライオンはともかく猫の場合は獲物も小さいし、食事の間隔をあけすぎるのってどうなのかな?・・・って言う気も少ししてます・・・
Gaviの場合は絶食すると体重が確実に減るので、2週に1食位にしようと思いました・・・

金の話・・・とてもフシギでした・・・^^
♪ Gavi主 ♪
♪ 2009/05/28 7:29 PM ♪
わぁ〜、なかなか知ることができない貴重な情報をありがとう。
完全な断食ってまださせたこと無いけど、ズッコが1歳になったらやってみようかな・・・
ゴマチンは断食させてもいいけど、ズッコが食べてるのに一人で断食っていうのもかわいそうで・・・何しろ食べることが何よりの楽しみって子ですから・・・
骨付き生肉だけの食事(鶉か雌鶏の頸と手羽のぶつ切り)はうちも週に1度やってますが、
これ大好きですね。すごい顔してバリボリ食べてますよ。
ズッコの1歳までに食事の回数を1日に2回にしようと思ってるんだけど(現在は3回です)、7月に新入りのチビラ猫が来るから食事を小分けにする手間は当分変わらなそうだなぁ。
勿論チビラにも生食を食べさせるつもりですよ。
自分自身のことを考えても、私もお腹の空いてないときや、体調の悪い時は水分だけ取って食事はしないですね。本能が指示する事って大抵正しいんですよね。
本来の食生活をしていない猫ちゃん達は、自然な体の調整すらできなくなっちゃってるんだ。ホント、ちょっと悲しいね。
前にズッコピーが思いっきりクッションの詰め物を誤食してゲリッPとゲロッPをした後「ごはんいらな〜い」でしたが、いつも以上に跳びまわっていたのでやっぱり食事抜いても血糖値は下がってなかったのかな?
ズッコのマミィ
♪ 2009/05/28 11:05 PM ♪
 ☆ズッコのマミィさん、ありがとうございます♪
ちょっとおもしろいでしょ?(笑)
年齢の違う子がいると食事の回数や断食はむずかしいですね・・・
絶対「なんでー?」って(笑)
チビラちゃん、6,7週齢になったら早く呼んで生食にしちゃえばぁ(笑)
離乳も経口慣用の問題もあるし、フードを与えられちゃうよりマミィさんが離乳食作ったらぁ(笑)

ズッコちゃんも誤食して食事はいらない、やめといたほうがいい・・・って体が判断したんでしょうね・・・
うまくいえないけど・・・ホントに体調の悪い時と現象・・・っていうか一時的な症状?の場合とは、猫も行動や目や性格?が違ってくるような気がします・・・
個々の状況はわからないのでなんなのですが・・・ある程度野生が残ってる子の場合は、いろいろなこと猫にまかせていいんじゃないかって最近思ってます。
食べなきゃほっといてしばらく様子見ればいいし、じっとしてるなら様子を見ながらじっとさせておけば回復したりしないかな・・・って。
うんと若猫さんやシニアさんやひどい病気がある場合はまた別だと思うのですが。
・・・ラフすぎるかなぁ・・・(笑)びーちょん最近肉量もおまかせしてます^m^
♪ Gavi主 ♪
♪ 2009/05/29 12:55 AM ♪
Gavi主さん、いつもいろいろ教えてくれてありがとうです!!
昨日、この記事読んで…そういえば12月に朝ごはん抜き断食してからやってなかったとハタと気づいて(^^;)
今朝、またプチ断食してます。
まだ一日ずっとの断食はしたことがないので、朝ごはんだけ(笑)
タビはよく自己断食してくれるんだけど(赤肉きらい〜^^;)、そして、リンもこの間かつおご飯の後に吐出して、翌朝の鶏レバー混ぜも春前からレバーだと吐出しちゃうようになって自己断食してたけど、大がずっとしてなかったので、今朝。
姉さんも夕方まで頑張って付き合わなきゃが辛いけど(笑)

それで、軽く記事にしたいのですが、その時に勝手に参考にしたと但し書きをつけて、こちらをリンクさせていただけないでしょうか。
あくまでも、ウチは手作りをしている私の判断によってということを書いた上でなのですが。
Gavi主さんの書かれていること、私にとっては納得いくことばかりで、上手く言葉に出来ないくせに、考えていたこととかなり重なるんです。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
あ、無理はなさらないでくださいねっ!ホントは自分できちんと文章化に頭使わなくちゃいけない話なんですから(笑)
まったり福タビ大リンの姉
♪ 2009/05/29 11:16 AM ♪
 ☆まったり福タビ大リンの姉 さん、ありがとうございます♪
(* ̄m ̄)ウフッ 私もセミナーでてから、次の日断食しました(笑)
リンちゃんおさかなだとゲッパしちゃいます?
びーちょんもなんです。
めったにゲッパしないんですけど、しこいわしだけとかさんまだけとかオメガ3系の脂が強めなのは消化できないみたい・・・
レバー嫌いなんですねー?
びーちょんも、ゲッパはしないけどためらい食べなんです・・・
レバーって自然界のおっきい子たちはまず内臓から・・・って言うけど、やはり飼料で育ったのは違うのかなぁ?・・・びーちょん胃も残すし・・・ちょっと悲しくなります・・・

(>▽<)o 姉さんも断食付き合われるんですね!
私もです!
・・・それが毎週できない理由だったりして(*≧m≦*)

・・・これは質問はできなかったのですが・・・ウチもゲッパしちゃった月は、それを1回って数えてたんだけど・・・食べ物を見てにおいをかいで食べてホルモンや消化液が準備されるわけでしょ?もしかして、ゲッパは遠足のバナナみたいに(わかります?変な例え(笑))別扱いなのかなぁ・・・とか、ふと思っちゃいました・・・

なんかね、本村先生の・・・私が聞いたニュアンスだけど・・・断食って1食でもいいみたいでした。ホントは本村先生のお宅のワンさんたちみたいに1日1食なら1食抜けば48時間あくことになるからそちらの方がのぞましいのでしょうけど。
本村先生の本の絶食の仕方だと、1食抜き翌朝半分・・・とか、長期絶食の仕方が書かれてたけど・・・

リンクうれしいです♪
ヘタな文章と中身だけど^^; よろしくお願いします♪

ただ、猫さんって肝リピドーシスの問題もあるので・・・人に勧めるのは微妙なような気も少ししてます・・・
・・・でも・・・肉に多い手作り食の子って体重が多くても肥満というより筋肉が重い感じのような気もするし・・・肝リピドーシスもドライフードを多めに(・・・っていうか個体差や運動量を考えずに表示されてる量の給餌)与えてる場合・・・その飽食が肥満をもたらして、結果として脂肪分やカロリーの高めのフードの方がなりやすくなったりしてないかな・・・とふと思いました。Gaviの場合はフードの表示量だとすごく多かったんです・・・
動物性蛋白質の多い手作りだったら短期間ならそっちのリスクはほとんど考えなくていいけど、フードの場合は別かも・・・って、血糖値のお話聞いて、代謝自体がもしかしたら違ってきてるんだとしたら・・・って。
↑長々と脱線しちゃってすみませんm(_ _)m

もしかしたら記事にされる際も市販フードの場合はあまりすすめられていない・・・って添えられた方が安心かもしれません・・・
・・・ウチも間違いがないよう太字にしときます(笑)
(フードの場合は・・・って伺った時、ホントに意外でショックだったんです・・・)
♪ Gavi主 ♪
♪ 2009/05/29 5:27 PM ♪
記事の内容も皆さんのコメントも勉強になります。
いつもありがとうございます。
いやはや・・・
こういうお話聞くと先日のぶっこのゲロッパとゲリッピの時も
ぶっこは何も食べずに、でも元気に遊んでたんですよね。
ちょっと走りまわって疲れてそうだったけど、こっちの心配を
よそに元気だったのも自分で調整してたのかも?
しかも薬を混ぜたご飯は全然食べなかったし。
さすがに、元気になったころには食欲も戻りましたけどね。
うちも時期を見て昼間のカリカリはやめ朝晩にしたいんですよね。
なんかカリカリには抵抗もあるんもで・・・。
朝晩の手作り食に切り替わってから絶食も取り入れます。
でも、まだ成長盛りなんでまだ先かな?
でも、絶食って勝手な勘違いで可哀想って思われがちでも、
そのほうが健康には良かったりしますよね。
私も機会があったらセミナーに参加したいなぁ。
でも、こうしてお話が聞けて嬉しいです。
まき
♪ 2009/05/29 7:00 PM ♪
 ☆まきさん、ありがとうございます♪
こういうの見極めが少し難しいですよね・・・?
ただ、よくわからないけど・・・ぶっこちゃん治ったもん、もうお薬はいいよ・・・って思ったのかなぁ?^m^
Gaviはあまりないのですが、他の猫さんのお話伺ってると抗生剤って何種類かあってその猫さんによって合わないのもあるんですって。獣医さんにおなか壊したとか、もどしたって言うと「じゃ別のにしてみましょう」って変えてもらった・・・とかってお話も聞いたことがあるの・・・

子猫ちゃんだからなぁ・・・
ごはんの回数も多いし、食べないのも心配ですよね・・・
回数ってどれくらいなのかなぁ?
ウチはGaviが来た時はあまり考えてなかったので7,8ケ月位まで3食で、フードを使ってて6,7ケ月位までは子猫用フードを使ってました。
ぶっこちゃんはまだちっちゃいしもう少し3食でもいいような気もしちゃいます・・・
これは、ズッコのマミィさんちがまだ若猫ちゃんだし、今度子猫ちゃんも来るから聞いてみたらいいと思いますよぉ♪
くわしいと思いますよ♪

シーズン(おとなのおんにゃのこになる)位までは絶食はしなくていいような気もしちゃうけど・・・来月もセミナーあるので聞けたら聞いてきますね♪
♪ Gavi主 ♪
♪ 2009/05/29 8:06 PM ♪
Gavi主さん、詳しくお返事までありがとうです!
私も書く時にはきちんと但し書きを強調します。
そっか、市販フードは…
ウチは手作りに切り替えた後、半年以上、福の一番弱い目の上の毛の薄い部分にいろいろ出たんです。
一番わかりやすい皮膚にもそこまでいろいろ出たということは、体内はおしてはかるべしかなっと。
そして、一番いろいろな治療を受けていたのが福だから、ほかの子達には外にまで出なかったのかなと。
代謝のシステムが変わりつつあったのかもしれないですよね。
え〜、辛かったです、昨日は(笑)
夜ご飯早目に出したあと、姉さんもまずソーセージなんぞがっついて!ビール飲みました(爆)
昨日はダンナが社内旅行に行ってたので(^^)

リンは前は好きだったのに…まずラムの腎臓で吐出するようになり、次も確認の意味であげてみたらやっぱり。その後鶏レバーでも。
本猫もわかっているようで、今じゃ食べたがりません。
一応明治屋さんでよさげなのを買ってるんですが…
内臓なしは姉さんが不安なので、量や取り寄せ、またいろいろ試行錯誤していかないとです。
カツオの場合は、冷蔵の藁焼きだったのですが…みんなあんまりで。
冷凍の生協の!藁焼きカツオが一番好きみたい。それってなんだか悲しいんですけどね(^^;)
まったり福タビ大リンの姉
♪ 2009/05/30 11:51 AM ♪
こんばんわ。

うんうん、ぶっこはまだ4ヶ月なのでもちろん
すぐには絶食はさせませんよ。
でも、すっかりシーズンのこと忘れてました。
そうですねぇ。そこはマミィに聞いてみようかな?
(って昨日メールの返事にこの内容の話を書いてて
くれました。ありがたかったです)
ぶっこの食事は今は3回です。
と、言っても、朝晩が手作りで昼はカリカリの置いて
出かけてます。本当は3食手作り与えれるのがBestなんでしょうけど。
タイマー式でも生肉を置く勇気はありません。
2食にするのはもう少し先ですね、絶食も。

まき
♪ 2009/05/30 7:42 PM ♪
こんばんは。
Gaviさんがわかりやすく書いてくださるので、
とても助かります。
去年まで、市販のドライフードを置き餌にして(24時間だしておく)、
気の向くままに食べることが普通だと思っていたのですよ。
夏海ちゃんが予防注射の後、具合が悪くなった時に血液検査を
したら肝臓の数値がちょっと高めだったので、
6月中旬くらいから、フードを変えていこうと思っています。
参考になるお話をいつもありがとうございます。
♪ el-mar ♪
♪ 2009/05/30 8:24 PM ♪
お休みなので ゆっくり読みました
Gaviさんの熱心さに胸をうたれました

生肉はどこで購入してどう管理しているんでしょうか?

絶食・・そういえば母も病気の時 医療で絶食していましたっけ
臓器をやすませたり 本来もっている力を呼び起こす?
飽食はよくないんですね 以前Gaviさんが¨くびれ¨は大事と
いけ猫で書いてくださった意味が ここでつながりました
いつものブログとはまた 違う魅力のあるここの内容ですね
紹介していただき 嬉しいです ありがとう
blue
♪ 2009/05/31 1:04 AM ♪
 ☆姉さん、ありがとうございます♪
福ちゃん、手作りに変えてデトックス症状がでたんですねー?
でも・・・変な言い方だけどすぐデトックスできたつてことは悪いものを早く出せたってことかもしれないですよね?
びーちょん、フードではなかったのですが・・・ホメオパシーのレメディでは最初はあんまりでなかったんです。10Mとかすごいの処方されたのに、朝起きてこない位で・・・
それが、ワクチンやフロントラインやめて、投与を間おいてしてて、1年位たった頃から・・・投与するものによってはですけど・・・すごいことになって(笑) ・・・やっといろいろ出せるようになったのかな・・・って。他の猫さんは違うかもしれませんが、びーちょんはインターキャットも使ってたし、ステロイドも弱い軟膏を短期間使ってたし、アロマオイルは処方されるわで・・・出すものはたくさんあったので。

代謝の件も違うかもしれないのですが、びーちょん腎機能を落とした時に(おそらくアレルギー療法食も関係してないかって思ってるのですが・・・リンがそれまでの手作りと比べてすごく高かったの)たんぱく質をそれまでから10%位落とした時期が1年ほど続いて、その後高蛋白に戻したら(・・・って、以前より高めになのですが、ゆるゆる戻したのですが・・・)半年くらいはBUN値が急上昇して、蛋白質をちゃんと代謝できてないんじゃないか・・・って不安になった時期があるんです・・・

食べ物を変えると腸内細菌も変わるから、当初は下痢をしやすいとかも言うじゃないですか?やはり代謝や体内環境ってすごく固定されてるようでフレキシブルなのかなぁ・・・とか・・・
移行期間なのか、単に合わないのかの見極めもむずかしいかもしれないですね・・・

断食お疲れさまでした♪^m^
ウチはおっとっとに・・・「なんか変なんだけど・・・何か足りないんだけど・・・」って、言いつけにいきます(笑)
で、おっとっとから「今日断食ぃ?バカになつっこくうつたえかけられてるんだけど・・・」って(爆)

藁焼きカツオ、藁の香りが香ばしいのかなぁ?
リンちゃん、内臓自体がヤになっちゃたんですねー?
難しいですねー・・・
びーちょんも胃は食べないし、肺や内臓じゃないけど舌は残すみたいです・・・
でも、それはびーちょんには必要ないかも・・・って前向きに(爆)
リンちゃんハツもダメです?
ハツって(特に脂肪落とせば)毒素も少ないし、くせもないから・・・
ウチは内臓はハツがメインだったりするんです。
でもレバーだから豊富なものもあるんですよねー・・・
難しいですよねー・・・


 ☆まきさん、ありがとうございます♪
別の話になっちゃうけど・・・避妊の時期もいろいろな考えがありますよね?
乳腺腫瘍のこと考えるとシーズン前だし・・・
せめて体(ホルモン系)ができあがってからのほうがいいって考えもありますよね・・・
子猫ちゃんは、食事もたとえばGaviが使ってるようなガーリックやさめ軟骨は使っちゃいけないし・・・
そこらへんはマミィさんがお詳しいと思いますよぉ♪

生肉はついてる時のほうがいいと思います。
保冷材をつけられるフードタイマーもあるみたいだけどリスクすごく高いと思います・・・私もやらないと思います・・・
間をドライにするか・・・時間によっては多少均等でなくても、生肉にするか・・・難しいですよねー・・・(´-ω-`)ウ〜ン
♪ Gavi主 ♪
♪ 2009/05/31 1:48 AM ♪
☆el-marさん、ありがとうございます♪
ドライフードができて、フード出しておけるようになりましたもんね・・・
ブログでお話伺ってて、出しっぱなしの方少なくないと思います。
特に尿phのこと考えたらよくないみたいですよね・・・
・・・でも・・・獣医さんやフードメーカーもそんなこと言ってくれないですもんね・・・

夏海ちゃん、肝臓の数値が少し高かったんですね?(´・ω・`)
el-marさんが早めに検査したくれたから、早めにわかったんだと思います♪
落ち着くといいですねー♪
大変だと思いますが、がんばりすぎずにゆるゆるがんばってくださいねー。


 ☆blueさん、ありがとうございます♪
おかあさまも絶食されてたんですねー?
絶食もいいのか悪いのか人によるのでわからないのですが・・・私は「風邪気味だ!忙しいし栄養つけなきゃ!よし、気張ってすき焼き!」なんてパターンも多くて(笑) それやると下痢したりして一気に風邪モードに突入しちゃうこと多いです!
じゃ、何度もやるな!って(笑)

生肉は・・・猫は人間より胃酸が強いので、人間が生で食べられないお肉でも問題ないって言われてます・・・
一番手軽で手作りの方に使われてるのはとり農園さんのような気がするのですが・・・こちらのペット用ミンチは苦手って言う話もよく聞きますます。びーちょんもミンチが元々苦手なのもあるけど食べません・・・
ウチは鶏はコチラの胸・もも・手羽元・手羽先・せせり・レバー・ハツ・砂肝・金柑・ガラ(首の骨肉)・軟骨・ささみなんかを買って日によって変えてます。人間のごはんと共用で人間メニューも一緒に考えてます^^
たとえば今日はバンバンジーだから、びーちょんはささみと軟骨とハツにしよ・・・とか(笑) 
*ttp://www.rakuten.ne.jp/gold/zidori/
私はびーちょんが1歳頃、手作りを始めた頃は人間が食べられない生に区をあげるのに抵抗があって、ここのたたきを使ってました。
時々共同購入なんかでセールで安くなるの。確か、胸、もも、ささみがあったと思います。
(他に生が不安なら、あげる前にりんご酢で殺菌してもいいって。)
でも・・・たいていは普通のお肉で大丈夫な子が多いので(おなか壊したら軽く火を通した方がいいかも)、スーパーで買うならできれば「抗生物質・飼料薬剤不使用」って書かれてるものを選ばれるといいと思います。

ホントは未冷凍で使用したいのですが・・・ウチの場合はなかなか手に入らなくて、冷凍したものを購入して冷凍保存しています。
たぶん最初はトッピングで様子見されるかと思うので・・・猫さん専用に買うともしかしたらあまっちゃうかも。(笑)
最初は少しづつ今までのフードに人間のおかずのおさかな(できれば生)とか、お肉とか小さじ1杯くらいからトッピングして様子見られてもいいと思いますよぉ。

・・・アップデートしてないのでかなり変わってるのですが・・・
びーちょんのフード入手先は↓にのせてます。
そのうちコメントつけてアップデートしますねー!
*ttp://green.ap.teacup.com/gavi/8.html
♪ Gavi主 ♪
♪ 2009/05/31 2:20 AM ♪
サメの軟骨使っちゃいけないんだぁ・・・
知らなかったなぁ。
確かおうちにあるかも・・・使ってないけどね。
こないだ気になって買ってみたんですよね。
避妊については実家のニャンコは体重が何キロかに
なったら来て下さいって言われてしたんだよねぇ。
食事も避妊去勢も色々な見解がありますね。
マミィには今日お返事書くのでサメの軟骨のお話も聞いてみます。
まき
♪ 2009/05/31 6:52 PM ♪
Gavi主さん、何度もありがとうございました!
実は…断食後の鶏胸ご飯、生卵入り、あはは、大不評で(爆)
卵、どうも今は不評なようで、お腹すいてたら食べるかと入れちゃったんですが、鶏好きなタビ以外はしぶしぶもいいとこでした〜(笑)
そして、今晩もレバーを3ニャンで50gにして鶏胸多目に混ぜてみたけど、鰹節足してもリンは最初ダメでした。
結局、本猫はお腹すくし、海苔トッピングまでさせていただいて、なんとか!ああ、嬉しい(笑)
と言いつつへこんだのですが、もう一度こちらに来て、リンクのお礼かたがたいただいたお返事読み直して、元気復活しました(^^)
とりあえず、今のリンにはなくてもなんとかきっとやっていけるのかもですね。
本当に必要となったら、イヤでも食べるくらいの体にはなってると信じて、焦らずやってみます。
ハツは一応混ぜてだったので、単独でも出してみてと思っています。
以前とり農園の200gパックを使っていた後に、たまたま明治屋さんで買ってきたレバーを出したら、すごい食いつきで。それでずっとこちらを使っていたのですが、またとり農園でも買ってみようかと。
焼き鳥を買う理由も出来るし(笑)あ、夏の鍋でもいいし(^^)

福の場合は、ホメオパシーの処方のお蔭もあるかもしれません。
重なっていたので、どちらがどちらとも言えないですよね。
なんにせよ、デトックスできた印象は本当に強いです。外出後の私のニオイに怒っていたのもなくなりましたし、本当に調子が良さそうだったし(^^)
出せるようになったというだけでも、その後、あんなことにはなりましたが、幸せなことだったと思うことにしています。
あの歳で、頑張ってくれたって(^^)

今日書いた記事、本当に舌足らずなものになってしまって、それでリンクで申し訳ない限りです…(^^;)
まったり福タビ大リンの姉
♪ 2009/05/31 10:24 PM ♪
 ☆まきさん、ありがとう♪
たしかね・・・鮫軟骨は、癌なんかにも効果があるって言われてるんだけど・・・その理由が腫瘍の新しい血管の成長を妨げる・・・っていう理由からだったと思います。
だから、新しい血管が成長する成長期や妊娠期間中は使わない方がいいってことだっと思います・・・
ガーリックも同様に赤血球のヘモグロビンを酸化させて破壊されやすくするので、造血系がまだできあがっていない成長期の生き物には特に使ってはいけないのだと思います・・・
*ttp://gavi-health.jugem.jp/?eid=154
♪ Gavi主 ♪
♪ 2009/06/01 6:14 AM ♪
 ☆姉さん、ありがとう♪
(* ̄m ̄) 卵はみんなあんまり好きじゃないんですねー?
びーちょんも白身はイヤみたいです。
器用にのけてます(笑)
海苔はお気に入りなんですねー(* ̄m ̄)
明治屋さんのレバーおいしそう♪
びーちょん、前、牛で気張って興農牛買ったらしかとされました・・・
とり農園さんも・・・実はお惣菜は国産鶏になっちゃうって聞いて・・・少し不安は残るのですが・・・安心できて値段もそこそこでいろんな部位がそろうところみつけられなくて。
いいところあるといいですね。

福ちゃんホメオパシーのレメディも使われてたんですね?
そちらもあるかもしれないですねー。
うまくいえないけど・・・いろんなことをして手をつくしても寿命って悲しいけどあると思うんです・・・
その時が来るまで精一杯楽しく、痛みや苦しみがなく生きさせてあげたいな・・・って。
福ちゃんは自分に与えられた時間めいっぱい楽しめたと思いますよぉ!

リンクありがとうございました♪
ウチは昨日なぜか私も夫もGaviも少しだけお昼寝するつもりで4時頃寝たら目が覚めたのが21時すぎで(爆) ついでにみんなで絶食しちゃいました!・・・どうしちゃったんだろ(爆)
♪ Gavi主 ♪
♪ 2009/06/02 12:12 AM ♪
♪CommentForm♪










♪TrackbackURL♪
http://gavi-health.jugem.jp/trackback/193
 公序良俗に反するトラバは絶対禁止です!
♪Trackbacks♪
一昨日、5ヶ月ぶりに、朝ご飯なしのプチ断食をしました。 そうだよ〜。 手作りご飯のお友達のGaviちゃんがご飯セミナーでいろいろ聞...
♪ 来来福福 ♪
♪ 2009/05/31 6:03 PM ♪
InternetExplorer Only