♪春のごはん変更−デトックスと野菜♪


エコアクションをおこそう!
先日のデトックスに関して、つれづれ思うことです。

Gaviごはんは(かなりぶれたり変更はあります)簡単な栄養計算をして、月ベースでメニューを組んでおり(月間メニュー例 コチラ)基本的には
   蛋白質源
 (ウチの場合、1回の食事は同じ動物の肉のみにしています/
  魚は脂の関係で混ぜちゃうことが多いけど・・・)
    月の1/2強(各7〜8日):  鶏 & ウズラ(フィックス)
    週1日:             魚(朝獲れ尾頭付の小さいもの)
    2週1回:(各4〜5日):   豚、鹿、牛、羊の内から
    月1回:(各2〜3日):    馬、うさぎ、カンガルーなどから
    他、卵(鶉か鶏、無洗浄)
   野菜
    旬の露地栽培で、あれば無農薬・無施肥、有機野菜、無農薬
    手に入らない時は、普通の野菜を酵素で農薬除去

を、食材にしています。 

肉に関しては、気候により使うものを変えています。(そちらは機会があれば後日)
この春先は食材−主に肉種を冬から夏に向け徐々に変更をかけているのですが、その野菜について少しおもしろい話があるので。

私は物事を深く考える方ではないので(* ̄m ̄)、野菜は旬のものであれば思いつきで使っています。
Gaviの場合は野菜自体の使用量が少ないので(1食5g程度)、一度に使うものは2〜3種類、緑黄色野菜、淡色野菜、あれば思いつき(時々芋類)・・・にしています。

以前猫友さんから教えていただき、気に入ってる本で・・・

・・・があります。
これは猫ごはん本ではなくて人間の本で、著者はマクロビの料理研究家だと思います。
そちらに季節の食べ方という項があり、それがちょうどいつも参考にさせていただいているフェレットの方のデトックスの記事と呼応したので。

春(2〜4月)、芽ぶきの頃から体は季節に先取りをして新陳代謝を活発にし、冬の寒い季節に滞った脂肪や古い塩分などの余分なものを排泄し新しいエネルギーを充填し熱い夏をすごしやすくするためスリムになる時期・・・とされています。
言われてみれば、まだ寒いのにGaviの換毛が始まるのも2月位だったなぁ・・・って。
以前300g位体重が減り、あせったのも3月でした・・・
できるだけ体重を平準化させようと、食べないときはトッピングで食べさせていたのですが、この本を読み返してみるともしかして大きなお世話だったのか・・・とか・・・ニョロ


で、この代謝を促す食べ物としてこの著者は野草(山菜だと思います)をあげています。
著者は人間のマクロビ(菜食)の研究者なので、完全肉食の猫の食事とは根本が違い参考にできないところもあるのですが・・・
なぜ野草が代謝を促すかについては、固い大地をけやぶる春の野草のエネルギーがからだの細胞の中で動けなくなっていた余分なものを分解・排泄するとしています。
野草特有の苦味は成分的には強アルカリで血液を浄化するとしています。
(食の陰陽と酸性・アルカリ性、Na・Kは密接な関係があります。これは基本がよくわかってないので勉強しなければなのです・・・くもり
また、野菜でもこの時期が旬のブロッコリー、キャベツ、菜の花などのアブラナ科の野菜は蕾が立ちやすく、これも、ぐんぐん成長する強いパワーと代謝作用をもつとしています。(ただし↑のアブラナ科の野菜は甲状腺に問題がある場合は避けた方がいいとされています。/甲状腺のヨウ素吸収を阻害するため)
キーワードは伸びるパワー・・・というところなんでしょうか?
伸びる・・・という点だとスプラウトなんかも入るのかしら・・・
スプラウトは本村獣医師の一押し食材で(こちらも芽のパワーのためです)、家もできるだけ使うようにしているのですが、これくらいの気候だとそろそろ育ちやすくなってきています。(夏場は水が痛むのかすぐ腐ってしまいます・・・)
野菜についても後日・・・たぶん・・・(笑)

春の野草を猫に与えることは猫の発生例はさほど多くないようですが、シュウ酸カルシウム結石があり、私は頻繁にはあえてシュウ酸の多い野草や、野菜でもほうれん草などを与えようとは思ってはいません・・・
が、十分なカルシウムと一緒であればカルシウムと結合し便として排泄され、またマグネシウムが必要量摂られていればこの結石は抑制されるとされているし、ゆでればシュウ酸はかなり減少すると言われているのでさほど気にする必要はないのでしょう・・・
この季節、竹の子は農薬は使用してないし、菜の花や蕗も人間が食べる時は(シュウ酸は普通の野菜よりは多いはずですが)Gaviにも少し与えています。(積極的に−例えば毎日は与えていませんが、あれば週の半分程度混ぜることもあります。)
この際も酵素でアク抜きをしています。

↑は、説明が怪しいので(* ̄m ̄)、コチラがわかりやすいかも。
ウチは野菜はこちらで洗っています。以前たまたま読んだ雑誌のクロワッサンのマクロビ特集でも紹介されていました。(私は不摂生なのでマクロビは実践していませんが、いいものを探しているとマクロビ関係にたどりつくことが多いように思います・・・)  


・・・ということで、

  旬の野菜(もの)を使えば自然にデトックスできるんだぁ、
     自然ってエライ!自然の力恐るべし。

・・・って、なんとなく感動した・・・というだけのことです(笑)オチがない・・・
自然にあるもので、体に悪いものじゃなければ使ってみるのも摂理にあってるんでしょうね・・・
またGaviも旬のものは食べたがるようです・・・



竹の子は以前ちょっと気になることがあって調べてあったのでコチラに簡単にまとめてみました。




※NOTE※
備忘・記録として立ち上げており、万ニャン向けのものではないことにご留意願います。
つれづれ
Comments#2 / Trackbacks#0
♪スポンサーサイト♪
♪ - ♪
Comments#0 / Trackbacks#0
♪ Comments ♪
もう、おねえちゃんの手のかけ方には脱帽ですよ。
毎日フレッシュな食材おごはんが食べられてGaviちゃんは幸せだね〜。
毎日作る場合は、人間のごはんと共用できるとことろは利用しちゃうってのが楽かもね〜(きょっとして逆)。
逆の場合でも、人間も健康なごはんが食べらそうだ〜。
あ〜Gaviちゃんの妹になりたい。
うちも野菜は季節のものだけを買うようにしてるんだ。
オーガニックの栽培をしているところから、でっかい箱に目一杯詰まった野菜を買ってるよ(人間用)。
スーパーの野菜とは味が全然違うの。
ズッコのマミィ
♪ 2009/05/01 9:04 PM ♪
 ☆ズッコのマミィさん、ありがとうございます。
(* ̄m ̄)ウフッ そんなに手はかかってないんですよ(笑)
お肉はできれば冷凍してないのがあればいいんだけど・・・
>毎日作る場合は、人間のごはんと共用できるとことろは利用しちゃうってのが楽かもね〜(きょっとして逆)。

そうなんです!
今日はびーちょんが魚だから、人間も魚!・・・って決め方よくします。(笑)
野菜は季節のものだと農薬も少なくてすむっていいますよね・・・
有機野菜、家もできるだけ買うようにはしてるのですが、近くにないのが悲しいです・・・送料が・・・(笑)
♪ Gavi主 ♪
♪ 2009/05/02 2:18 AM ♪
♪CommentForm♪










♪TrackbackURL♪
http://gavi-health.jugem.jp/trackback/171
 公序良俗に反するトラバは絶対禁止です!
♪Trackbacks♪
InternetExplorer Only