♪スポンサーサイト♪

一定期間更新がないため広告を表示しています

♪ - ♪
Comments#0 / Trackbacks#0
♪今日のGaviごはん 6 - 12 juillet (手作りごはん)♪
ナトリウム、マグネシウムなどが高くなっているのはメガC増量のためです。

きのこオレンジ今週のお野菜
  にんじん、トマト、大根(葉)、コリンキー、モロッコインゲン
   ・・・から1種類 5g位
  キャベツ、きゅうり、ベビーリーフ
  スプラウト(レッドクローバー、アルファルファ)
    ・・・から1種類 5g位
  にんにく(虫対策でやや増量 1g/日・・・週4日位)
  果物: キゥイ、すいかなど 5〜8g位  
    ・・・ある時(最近さぼり気味)

栄養計算はしていますが、成分がわからないものが多く、目安でしかありません。
 蛋白質: 50%台 23〜24g(6.0g/kg)
 炭水化物:5〜10%
 脂質:  15〜20%前後
 リン:   0.5〜0.6%台
 オメガ3:6比: 2.5以下
を目標にしてるのですが・・・
※NOTE※
備忘・記録として立ち上げており、万ニャン向けのものではないことにご留意願います。



※ 全て1日の量です。びーちょんは夕食後活発になることが多いので、夕食の方の比率を若干高くしてます(4.5:5.5位)・・・いいのかな?

鶏ごはん 6 - 8 juillet


 鶏手羽・胸・もも      95g(日替わり)
 鶏ハツ・レバー・砂肝・軟骨 20g(日替わり) 
(1日分・概算)
 193Kcal ・ 蛋白質 56.7%(23.7g)・
 脂質 20.4% ・ 炭水化物 6.9%
 Na0.70% ・ K1.05% ・ Ca0.63% ・ Mg0.096% 
 P0.53%
 n6:n3=2.51 n3総量0.4g ・ アラキドン酸 50.2mg


馬ごはん  9 - 10 juillet


 馬肉             95g
 馬内臓            15g
 ・・・かうずらの卵
(1日分・概算)
 170Kcal ・ 蛋白質 58.7%(23.9g)・
 脂質 13.0% ・ 炭水化物 10.9%
 Na0.65% ・ K1.12% ・ Ca0.62% ・ Mg0.093% 
 P0.56%
 n6:n3=− n3総量−g ・ アラキドン酸 −mg

7月9日夜は鶉の卵がメイン


鶉ごはん 11 - 12 juillet


 鶉1羽               110〜115g
 内1食うずらの卵
 内1食鮎トッピング
(1日分・概算)
 263Kcal ・ 蛋白質 48.1%(23.6g)・
 脂質 33.1% ・ 炭水化物 5.7%
 Na0.53% ・ K0.84% ・ Ca0.37% ・ Mg0.089% 
 P0.33%
 n6:n3=− n3総量−g ・ アラキドン酸 −mg

栄養成分表の鶉は精肉のみですが、私が実際使用しているのは内蔵・骨も入っており、実際の数値はかなり異なると思います。(脂質 ↓、リン・カルシウム ↑・・・)
12日はキャンプごはんだったので、鶉使用量を減らし人間のキャンプごはんの鮎をトッピングしています。
びーちょん鮎が好物なので。(笑)



猫 Gaviごはん基本ローテーション 猫
 ・・・のはずなんだけど・・・
1月ベースで
 鶉・鶏   ・・・ 各7日(各3ユニット)
 豚・鹿か牛 ・・・ 各4日(各2ユニット)
 魚     ・・・ 4日(週1日)
 うさぎ・馬 ・・・ 各2日(各1ユニット)
 他、卵など
 断食    ・・・ 月1〜2回
 生肉断食  ・・・ 月2〜3回

トッピング: 納豆・鰯節・おから
特別トッピング: ごはんを残した時用です(涙)
         (計算外)とり農園さんのささみふりかけ(煮干入り)、
              ささみバー1回0.5〜1g位

夕食後か朝食前週4〜5回程度: 
    バナナヨーグルト(バナナ4〜8g程度+ヨーグルト8g程度)
    ゴートミルク2〜3g

サプリ: 
 (朝晩共通)  メガCプラス、Ca、ビタミンB群、消化酵素
 (朝のみ)  ビタミンE、CoQ10
 (夜のみ)  ハタケシメジ・タウリン
 (朝晩食前) コロストラム(2回/day)1食はゴートミルクか牛乳、1食はヨーグルトと

サプリ的に使ってる食材
  アルファルファ、ローズヒップ、大麦若葉、ケール、ケルプ、
  海洋コラーゲン・ゼライス・シャークパウダー、
  パセリ、にんにく
  すりごま、ターメリック(時々)、ビール酵母・イースト(時々)
  オイル: サーモンオイル、たまにオリーブオイル


※NOTE※
ウチのごはんの特徴は肩障害があり太らせることができないので、カロリーが低く(脂質と炭水化物をかなりおさえています)、また、治療の意味でメガビタミン・ミネラル療法を行っており、そのため蛋白質、ミネラルなどの比重がやばいくらい(^m^)高いことです。

レシピは腎機能がやや悪かった時期があり、アレルギー、他疾患のあるGAVI用で、治療のためメガCプラス(なんつったってダイナマイツ爆弾)を使用しているのでミネラルのバランスが普通の猫さんより非常識に高くなってます。

備忘・記録として立ち上げており、万ニャン向けのものではないことにご留意願います。
今日の手作り猫ごはん
Comments#0 / Trackbacks#0
♪スポンサーサイト♪
♪ - ♪
Comments#0 / Trackbacks#0
♪ Comments ♪
♪CommentForm♪










♪TrackbackURL♪
トラックバック機能は終了しました。
 公序良俗に反するトラバは絶対禁止です!
♪Trackbacks♪
InternetExplorer Only