♪念のための心機能強化対策とタウリンに対する疑問♪



先日の検査でレントゲンの角度の可能性もあるのですが、心房(おそらく左心)に一部若干カーブのおかしいところ(肥大)が見られるとのことでした。
そもそも、レントゲン検査になった理由は、12月末位より2週間ほど朝、ウェットな咳が出ており、羊(ラム)ごはんにしたところ咳が消えたびーちょんウェット咳事件ニョロ、またの名を羊かよ!事件の結果です・・・くもり
咳は出なくなっていたのですが、保護時からの経緯で感染症などには神経質になりすぎることはないので。

羊で咳が止まったこと、もしくは咳が出た原因については、これまた、いろんな考えや調べたことがあるので、後日別途記録してみようと思います・・・
・・・けっこう書いておかなきゃいけないことたまってます・・・くもり

まず猫の心筋症について。
猫で多く見られるものとしては・・・(調べたことを簡略に書いてます)

1.肥大型心筋症(HCM)
 心筋症全体の60〜70%、発生平均年齢は5〜7歳 大半が♂
 左心室壁、心室中隔の肥厚 
  → 結果、左心房の肥大 (バレンタインハート)
 原因: 不明
 遺伝的にペルシャ、メインクーンに多い。

2.拡張型心筋症(DCM)
 心筋症全体の20% 中年期以降の発症が多い ♂が多い
 肥大型とは逆に、心筋が薄くなる(風船型の心臓)
 原因: タウリン不足、甲状腺機能亢進症
 1980年代アメリカでドライフードのタウリン不足から多発

症状: 
 しばしば症状はない
 呼吸が速くなる(安静時でも)
 (空)咳・・・夜だけとか、朝起き上がる時
 食欲不振 → 痩せ
 疲れやすく、あまり運動をしない
 足取りがふらつく
 粘膜が青っぽい = 十分な酸素が供給されていない
  〃  白い   = 循環がよくない
 → 突然呼吸困難を起こし死亡


Gaviの場合は、聴診の異常もなく、レントゲンもいつも暴れまわり(^m^)まっすぐ撮れないことが多いのと、検査好きな(^m^)主治医が、おそらく心筋症であれば提案するはずのエコーなどの検査や追加血液検査(CPKに異常が見られることも多いようです)がないこと、また胸水も見られず、肺も問題はないとのことでしたので、心筋症の可能性は少ないと思います。

ただ、心筋症自体が起こる可能性が出始める年齢なので、予防の意味でも心機能の強化をしていこうと思っています。


心臓疾患のケア・予防のために効果があると思われるもの
 1.食材
    グランデュラー: ハツ
    (タウリン、L-カルニチン、CoQ10が豊富)
    生卵・緑黄色野菜など
    オメガ3系オイル
    ハーブ: ホーソン、しょうが、にんにく、タンポポ、ケルプ
 2.サプリメント
    CoQ10 ・・・ 
     栄養素からエネルギーを取り出すのに必要 
     抗酸化作用 ・・・ 酸素の利用効率を高める
     免疫細胞、白血球の作用を高める

    タウリン ・・・   
     交感神経抑制作用
     高血圧改善
     総コレステロール値↓ 善玉コレステロール↑ 
     肝機能↑ 心臓病予防

    L−カルニチン  ・・・
     中性脂肪と脂肪酸の燃焼促進
     細胞のエネルギー生産能力改善
     (拡張型心筋症ではカルニチン欠乏症が認められる)
     ラム、赤味の肉、魚肉に多い

    抗酸化物
     ビタミンE、Cなど
     ビタミンB4

     心臓の正常な機能を働かせるのに必須
    セレニウム
     抗酸化酵素の活性化に必要
     にんにく、卵などに含まれる

    マグネシウム、カリウム 


上記で、サプリでは以前より腎機能改善のためにもCoQ10とタウリンを使っていましたが、ここ半年ほどは加工度の高いものイヤイヤ病で、使用を減らしていました(^^;)
特にタウリンはコレステロール低下にもいいらしいのですが、交感神経抑制作用もあるようなので、リンパ球の割合が多く、おそらく副交感神経優位なGaviの場合はどうかと思ったのと、ウチのレシピの内臓比率は15〜20%と高く、レバーは毒素が残りやすいので、比較的毒素の蓄積が少ないといわれてるハツをメインに使っていたことと、腎機能が昨秋より改善していたことがあるからです。

週2,3度にしていたそちらを、CoQ10は10mgづつほぼ毎日、タウリンは100〜150mg程度入れてみようと思います。(検査以降入れています/ただし週2日程度なしの日を作ってます。)
他は現状維持
 卵: 鶏卵 1、鶉の卵 2ケ/week (セレン)
 羊: 2日×3/month (L-カルニチン)
 にんにく: 1g/day (セレン)
 ケルプ、ハツ、魚油、ビタミン・ミネラルなど・・・


少し気になるのがタウリン
タウリンをあげ始めて、目の色がきれいになったように思います。
タウリンは人間の必須アミノ酸ではないので、食品成分表には記載されていないのですが、以前ソースは明らかではないのですが、「冷凍の損失が多い」(確か「半減」かかなりの量だったと思います・・・)と記事に書かれてる方を見たことがあります。
その後、大半の方が「冷凍では損失は少ないが、加熱でかなりの損失がある」と書かれているので、さほど意識せずにいたのですが、ホントのところはどうなんだろう?
ネットで調べてみてはいるのですが、よくわからなくて・・・あせあせ
もしご存知の方がいらしたら教えていだけると助かります。
タウリンは猫にとっては必須アミノ酸だし、基本的にウチの場合は生のイカ・タコ類や貝類は与えていないのと、肉もほとんどの場合冷凍したものなので、冷凍での損失があると、心機能にもかなり不安が残ります・・・
よろしくお願いします。

後記:
 リジンの場合は物にもよるみたいですが、10%程度の損失が見られるみたいです。


※CAUTION※
こちらの内容は理論的裏づけはとっておりません。
また、これはあくまでGaviのケースです。
主観も十分入っているものと思います。(・・・っていうか主観だけ(^m^))また、通常の獣医療を否定するものではありません。
参考にされる場合はご自身でお調べのうえ、ご判断ください。
備忘・記録として立ち上げており、万ニャン向けのものではないことにご留意願います。

JUGEMテーマ:ペット


栄養・機能 備忘録
Comments#8 / Trackbacks#2
♪スポンサーサイト♪
♪ - ♪
Comments#0 / Trackbacks#0
♪ Comments ♪
私もタウリンは、加熱に弱く冷凍ではそれほどではない、って
思ってました。今度本村先生に聞いてみますね。
でも、冷凍で損失した場合サプリでタウリンは果たしてどうなのか、
とも思うんですよね。今の猫は天然タウリンの摂取が少ないことが
腎不全を加速している、ということも言われるじゃないですか。
サプリも結局は合成のタウリンですよね。
分かったらお知らせしますね^^
♪ フローラ ♪
♪ 2008/02/17 8:09 PM ♪
 ☆フローラさん、ありがとう♪
ありがとうございますっ!
そうなんですよねー。
食材でまかなえるものは化学合成されたものでとるのはできれば最小限にしたくて・・・
足りないものを合成されたものでとるのと、天然でまかなうのと、やはり違うと思うんです・・・
市販フードだと足りない成分、例えば加工の過程で損失したアミノ酸やビタミンなんかを別途足してるじゃないですか。それで数値上は帳尻を合わせても質はどうなのかなって。(ただ、どっちにしてもサプリも市販フードで使われてるものよりはいいものだとは思うのですが(^m^))
カロリーメイトやゼリー栄養食だけ食べて健康でいられるのかなとか・・・

ただ、ここ1週間位タウリンを週1カプセル(500mg)あげてたのですが、目の色がきれいになって。
そうするとやっぱ足りなかったのかなぁ・・・とか・・・
聞いていただけると助かります。(猫の生食ではなく、ソースは書かれてないのですが、「海外の生食派の間でもタウリンは唯一冷凍で減少する栄養なので、サプリメントで補充することが推奨されています。」とありました・・・古い記事なので今は違うのかもしれませんが・・・)
ありがとうございます。
♪ Gavi主 ♪
♪ 2008/02/17 8:45 PM ♪
私がネットで調べたサイトとかだと、肉を冷凍することによって成分が多少変化するので、タウリンだけじゃなく、全体的に栄養素は減少する、と書かれてました(汗)。
これだけじゃなんとも言えないですが。(−m−)
おまけに加熱したら減少するとなると、本当に取扱いが難しくなってきますよね。。。
うちも肉はいつも冷凍してるから心配です。

でも、手作り食の方が(たとえ加熱されてたとしても)市販食で摂取するタウリンよりは良質なんじゃないかなぁ・・・って思ってました。
とくにパウチ食って、あれはパウチごと加熱してるものもあるらしく、その場合はフードに添加されたタウリンも一緒に加熱してるってことだと思うし・・・。
イギリスだとタウリンをサプリとしては売ってないから、Gavi主さんに送っていただいたタウリンをしばらくあげてみて、どんな変化が見られるのか興味あります。
♪ 日本カモシカ ♪
♪ 2008/02/18 6:39 PM ♪
 ☆日本カモシカさん、ありがとう♪
あの後調べてて実験してるサイトみつけて、(有効)リジンは食品によって(おさかなの実験でした)、1ケ月冷凍することでマグロとか脂肪の多いおさかなが10%くらい減るんですって。タイみたいな脂肪が少ないのは3%位だったとか。
加熱処理でもリジンもかなり減るみたいだから冷凍したものを加熱するとものによっては3,40%近く減ることになっちゃうみたい・・・
同じアミノ酸のリジンでそうなら、タウリンも冷凍である程度減るのかもしれないですよね・・・(´-ω-`)ウ〜ン
ハツなんかって、元々がちっちゃいから(鶏なんか)、冷凍するとおっきい塊より劣化しやすかったりして・・・(´-ω-`)ウ〜ン
サプリじゃなくて天然食材でなんとかなるならその方が安心できるんですけどねー

パウチってパウチごと加熱してたりするんですね!
それでパウチって特に一般食が多いのかなぁ・・・

タウリン、気のせいかもしれないんですけど(爆) マメにあげると1週間位で目の色が透き通る(笑)ような気がしました。(* ̄m ̄)ウフッ ネコバカ
茶色よりの緑が薄めのピカピカヒスイ色(爆) 妄想かも(^m^)
♪ Gavi主 ♪
♪ 2008/02/18 10:13 PM ♪
余談なんですが、どんな種類の缶詰も、基本的には缶詰め後に加熱滅菌処理がされているんですよね。初めて知った時はびっくりでした。なんか、アルミとか缶の素材の何かが変質して内容物に溶け出していそうで。

リザ先生のレシピでは、冷凍するとタウリンが減少するので、給餌する際にあらためて添加するのも良い、って書いてありました。我が家も以前はちょこちょこサプリで与えていたのですが、最近はすっかり飼い主が手抜きをするようになっちゃって。でも、びーちょん瞳がキラキラtっていうのを読んで、ウチもまたあげてみようかなぁ〜なんて思いました♪
♪ ちこねぇ ♪
♪ 2008/02/23 6:00 PM ♪
 ☆ちこねぇさん、ありがとう♪
>余談なんですが、どんな種類の缶詰も、基本的には缶詰め後に加熱滅菌処理がされているんですよね。

(ノ ̄□ ̄)ノおぉぉぉっ! そうなんですかぁ?じゃ、缶詰に書かれてる栄養成分って、加熱滅菌処理以前のものかもしれないですねー!
意味ないじゃん!

あれからちらっと見てたら、関係あるかどうかは?ですが、遊離タウリン(体内に蛋白質としてではなくアミノ酸として存在するもの)は、食材にもよるようですが冷凍で著しく減少するようなことをみつけました・・・タウリンだけではないみたいだけど。
リサ先生のレシピもそうなんですね・・・
できるだけ加工されたり作られたものじゃないもので・・・って思ってたのですが、やはり一部加えた方がいいものはあるのかな・・・とか思ってます・・・
毎日生であげられればいいんですけど・・・物理的に・・・
ところで、以前ウチも1回だけ頼んで、冷凍ではなかったので以降は頼んでないのですが、真空パックのチルドの肉、チルドで1年もつらしいのですが、信用できますぅ?保存料を含め無添加をうたっているのですが。
♪ Gavi主 ♪
♪ 2008/02/23 11:53 PM ♪
もしかして、某所のルーミートのことかしら?
いずれにしても、1年OKのチルドパックの肉は、個人的には大はてなマークです。だって、もしそれでOKなら、もっとそういうタイプが流通していてもいいと思うんですよね。。。人間用も含めて。

某療法食で有名なところのルーミートは、本格導入前のお試し期間(価格もお試し)に「安〜い!」とか思って買ってみたんですが、クール便でもないフツーの便できちゃって、@_@びっくりでした。

でも、最近はソーセージやウインナーなどの肉加工品にも「保存料は添加されていません」ってパッケージでうたっている商品が多いように思うんです。アレ、ホントかなぁ。。。という感じで。だって、ソーセージやウインナーって、冷蔵で、そこそこの長さの賞味期間がありますよね。「保存料」の範疇ではない添加物で保存がきくようになっているのかなぁ。。。とか、疑問はいろいろつきません。

以前、お友達のところでプレミアムフードとよばれている缶詰の成分分析をしたら、どこもパッケージでうたっている7割くらいしか、栄養成分が検出されなかったって話をよみました。これは、保存による成分劣化なのか、缶詰後に過熱処理して成分劣化しているのか、判断できないところだったのですが、○イチャーズ○ラ○ティ社に問い合わせしたところ、ちゃんとした回答はもらえなかったんですよねぇ。。。ホント、どうなんでしょ?
♪ ちこねぇさん ♪
♪ 2008/02/24 8:05 AM ♪
 ☆ちこねぇさん、ありがと!
>もしかして、某所のルーミートのことかしら?
そうそう!
私もお試しの時に1回買って、クールか普通か忘れちゃったけど、専用車じゃないやつできたので、やはり仰天して(当時は冷蔵ってサイトにも書かれてなかったと思います)楽天の商品インプレッションにも書いたんだけど、それはver.変更したかなんかでこの前気になることがあって調べてみたら消えてるの!
その時は全部使ったけど(ケチクサイ・・・)、ここお肉扱ってるのこれだけだし、保存状態なんかもどうなんだろ・・・

>以前、お友達のところでプレミアムフードとよばれている缶詰の成分分析をしたら、どこもパッケージでうたっている7割くらいしか、栄養成分が検出されなかったって話をよみました。

そうなんですか・・・
やっぱりねー。
タウリンとかビタミンCなんかは缶詰やパウチかなり低くなってますよね・・・
ドライフードも加工前の状態じゃないかって、以前掲示板にもでてましたよねー・・・
♪ Gavi主 ♪
♪ 2008/02/25 2:21 AM ♪
♪CommentForm♪










♪TrackbackURL♪
http://gavi-health.jugem.jp/trackback/131
 公序良俗に反するトラバは絶対禁止です!
♪Trackbacks♪
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
♪ - ♪
♪ 2008/05/28 2:48 AM ♪
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
♪ - ♪
♪ 2008/07/14 8:42 PM ♪
InternetExplorer Only